Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成される識別子の構成

GRT および RSim ターゲットでは、コード ジェネレーターは生成コード内に変数と関数の識別子を自動的に作成します。これらの識別子が表すものは次のとおりです。

  • Auto ストレージ クラスをもつ信号およびパラメーター

  • ユーザー定義でないサブシステム関数名

  • Stateflow® の名前

生成される識別子の成分は次のとおりです。

  • ルート モデル名、後続部分

  • 生成オブジェクト (信号、パラメーター、状態など) の名前、後続部分

  • 一意の "名前マングリング" テキスト

コード ジェネレーターは、生成される他の識別子との潜在的な競合を解決するために名前マングリング テキストを条件付きで生成します。

コード ジェネレーターで識別子とオブジェクトの命名方法を構成する場合は、次を参照してください。

コード ジェネレーターでは、生成コード言語のキーワードとして使用するために、特定の言葉が予約されています。詳細については、予約キーワードを参照してください。

Embedded Coder® ライセンスをお持ちであれば、識別子の形式、マングルの長さ、スカラーのインライン パラメーターおよび Simulink® データ オブジェクトの命名規則を制御するパラメーターを指定できます。詳細については、Customize Generated Identifier Naming Rulesを参照してください。