Main Content

Simulink.ProtectedModel.getCallbackInfo

コールバックで使用する Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトを取得

説明

cbinfobj = Simulink.ProtectedModel.getCallbackInfo(modelName,event,functionality) は、保護モデルのコールバックの情報を提供する Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトを返します。このオブジェクトには、次を含む保護モデルに関する情報が含まれます。

  • モデル名。

  • 保護モデル コンテナーのモデルとサブモデルのリスト。

  • コールバック イベント。

  • コールバック機能。

  • コード インターフェイス。

  • 現在のターゲット。この情報は、コード生成コールバックでのみ使用できます。

コード生成コールバックでの保護モデル情報の使用

MATLAB® パス上に、次を含むコールバック スクリプト pm_callback.m を作成します。

s1 = 'Code interface is: ';
cbinfobj = Simulink.ProtectedModel.getCallbackInfo(...
'sldemo_mdlref_counter','Build','CODEGEN');
disp([s1 cbinfobj.CodeInterface]);

シミュレーション コールバックを含む保護モデルを作成するときに、このスクリプトを使用します。

pmCallback = Simulink.ProtectedModel.Callback('Build',...
'CODEGEN', 'pm_callback.m')
Simulink.ModelReference.protect('sldemo_mdlref_counter',...
'Mode', 'CodeGeneration','Callbacks',{pmCallback})

保護モデルをビルドします。保護モデルのビルド プロセスを開始する前に、コード インターフェイスが表示されます。

slbuild('sldemo_mdlref_basic')

入力引数

すべて折りたたむ

保護モデル名。string または文字ベクトルとして指定します。

コールバック トリガー イベント。値は次のいずれかになります。

  • 'PreAccess': シミュレーション、ビルドまたは読み取り専用表示の前に実行されるコールバック コード。

  • 'Build': ビルド前に実行されるコールバック コード。'CODEGEN' 機能でのみ有効です。

イベントが適用される保護モデル機能。値は次のいずれかになります。

  • 'CODEGEN': コード生成。

  • 'SIM': シミュレーション。

  • 'VIEW': 読み取り専用 Web ビュー。

  • 'AUTO': イベントが 'PreAccess' の場合、機能ごとにコールバックが実行されます。イベントが 'Build' の場合、コールバックは 'CODEGEN' 機能に対してのみ実行されます。

functionality の値が空白の場合、既定の動作は 'AUTO' になります。

出力引数

すべて折りたたむ

コールバック情報。Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトとして指定します。

バージョン履歴

R2016a で導入