Main Content

getBuildInfoForModel

指定されたモデルのビルド情報オブジェクト

説明

bldobj = getBuildInfoForModel(callbackInfo, model) は、モデルのビルド ツールチェーンと引数を指定する RTW.BuildInfo オブジェクトを返します。model 名は、Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトの SubModels プロパティのモデル名のリスト内になければなりません。このメソッドは、'Build' イベントに応答するコード生成コールバックに対してのみ呼び出すことができます。

すべて折りたたむ

  1. MATLAB® パス上に、次のコードを含むコールバック スクリプト pm_callback.m を作成します。

    cbinfobj = Simulink.ProtectedModel.getCallbackInfo(...
    'sldemo_mdlref_counter','Build','CODEGEN');
    bldinfo = cbinfobj.getBuildInfoForModel(cbinfobj.ModelName);
    buildargs = getBuildArgs(bldinfo)
  2. スクリプトを使用するコールバック オブジェクトを作成します。

    pmCallback = Simulink.ProtectedModel.Callback('Build',...
    'CODEGEN', 'pm_callback.m')
    Simulink.ModelReference.protect('sldemo_mdlref_counter',...
    'Mode', 'CodeGeneration','Callbacks',{pmCallback})
    
  3. 保護モデルをビルドします。保護モデルのビルドを開始する前に、ビルド引数が表示されます。

    slbuild('sldemo_mdlref_basic')

入力引数

すべて折りたたむ

コールバック情報オブジェクト。Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトとして指定します。このコールバック オブジェクトは、'CODEGEN' 機能の 'Build' イベントに対して定義しなければなりません。

モデル名。string または文字ベクトルとして指定します。model 名は、Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトの SubModels プロパティのモデル名のリスト内になければなりません。

出力引数

すべて折りたたむ

ビルド ツールチェーンと引数。RTW.BuildInfo オブジェクトとして返されます。

バージョン履歴

R2016a で導入