ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスターとクラウド

クラスター プロファイルを用いてクラスター リソースと作業を検出する

計算タスクがローカル コンピューターには大きすぎる場合は、計算をコンピューター クラスター上のネットワーク ノードにオフロードする場合があります。これには、ローカル クラスターまたはクラウド内のクラスターを指定できます。多くの場合、クラスターで MATLAB® コードを実行するために必要な変更は最小限で済みます。MATLAB ジョブ スケジューラ (MJS) プロファイルを使用して、MATLAB Distributed Computing Server™ がインストールされているコンピューター クラスターを利用します。

関数

すべて展開する

parclusterクラスター オブジェクトを作成する
parpoolクラスターでの並列プールの作成
gcp現在の並列プールの取得
shutdown クラウド クラスターのシャットダウン
startクラウド クラスターの開始
wait (cluster)クラウド クラスターが状態を変更するまで待機
parallel.defaultClusterProfile既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する
parallel.exportProfile1 つ以上のプロファイルをファイルにエクスポートする
parallel.importProfileファイルからクラスター プロファイルをインポートする
saveProfileクラスターの変更済みプロパティを現在のプロファイルに保存する
saveAsProfileクラスターのプロパティを指定されたプロファイルに保存する
pctconfigParallel Computing Toolbox クライアント セッションの設定を構成する

クラス

すべて展開する

parallel.Pool並列プールへのアクセス
parallel.Clusterクラスターのプロパティおよび動作にアクセスする
pctRunOnAllクライアントと並列プールの全ワーカーでコマンドを実行する

例および操作のヒント

クラスターの検出とクラスター プロファイルの使用

クラスター プロファイルの取り扱い方法を調べて、Amazon EC2 上で実行中のクラウド クラスターを検出する。

MATLAB Parallel Cloud

MATLAB Parallel Cloud™ のワーカー上でアプリケーションを実行する

クラスターおよびクラウドへの parfor ループのスケールアップ

parfor ループをデスクトップで作成し、コードを変更せずにクラスターにスケール アップする。

概念

並列設定の指定

設定を指定して自動的に並列プールを作成する。

汎用スケジューラの独立ジョブのプログラム

汎用スケジューラ インターフェイスを使用した、タスクを分散する独立ジョブのプログラミング

汎用スケジューラの通信ジョブのプログラム

汎用スケジューラ インターフェイスを使用して通信ジョブをプログラムする方法