Main Content

midpoint

中点重み初期化関数

構文

W = midpoint(S,PR)

説明

midpoint は、重み (行) ベクトルを入力範囲の中央に設定する重み初期化関数です。

W = midpoint(S,PR) は、2 つの引数を取ります。

S

行 (ニューロン) の数

PR

入力値の範囲が [Pmin Pmax] である RQ 列の行列

これは、行が (Pmin+Pmax)'/2 に設定された SR 列の行列を返します。

ここでは、入力要素の範囲が [0 1] および [-2 2] である 5 ニューロン層について、初期重み値を計算します。

W = midpoint(5,[0 1; -2 2])

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

| |