最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動調整アプローチの選択

制御システムは、MATLAB® コマンド ラインまたは制御システム調整器アプリを使用して調整できます。

制御システム調整器では、調整目標を指定し、調整された制御システムの性能を検証するための対話型のグラフィカル インターフェイスを提供しています。

制御システム調整器を使用して、任意の数のフィードバック ループで構成され、任意の構造 (PID、Gain ブロック、状態空間など) の調整可能なコンポーネントをもつ制御システムを調整します。MATLAB の制御アーキテクチャは、調整可能な一般化状態空間 (genss) モデルとして表すことができます。Simulink® Control Design™ ソフトウェアがある場合、Simulink モデルで表現される制御システムを調整することができます。グラフィカル インターフェイスを使用して、調整目標を構成し、応答プロットを確認し、コントローラーの設計を検証します。

systune コマンドでは、制御システム調整器と同じすべての調整タスクを実行できます。コマンド ラインでの調整では、繰り返し行う調整タスクのスクリプトを記述できます。systune ではまた、複数のプラントに対するコントローラーの調整や、ゲイン スケジュール コントローラーの設計などの高度な手法も提供されています。コマンド ライン調整ツールを使用するには、MATLAB の制御アーキテクチャを調整可能な一般化状態空間 (genss) モデルとして表すことができます。Simulink Control Design ソフトウェアがある場合、slTuner インターフェイスを使用して Simulink モデルで表現される制御システムを調整することができます。調整目標を構成するには、TuningGoal 要件オブジェクトを使用します。getIOTransferviewGoal などの解析コマンドを使用すると、調整したシステムの性能を確認して検証することができます。

参考

|

関連するトピック