Main Content

MATLAB Runtime の起動オプション

MATLAB Runtime のオプションの設定

スタンドアロン実行可能ファイルの場合、-R スイッチと引数を指定して MATLAB® Runtime のオプションを設定します。オプションは以下のいずれかで設定できます。

  • コンパイラ アプリの [ランタイム追加設定] 領域。

  • mcc コマンド。

メモ

すべてのオプションがすべてのコンパイル ターゲットに対して使用可能とは限りません。

コンパイラ アプリの使用

コンパイラ アプリの [ランタイム追加設定] 領域では以下のオプションを設定できます。

MATLAB Runtime の起動オプション説明設定
-nojvm既定で有効に設定されている Java® Virtual Machine (JVM™) を無効にします。これにより MATLAB Runtime のパフォーマンスの向上することがあります。[No JVM] チェック ボックスをオンにします。
-nodisplayLinux® で、MATLAB Runtime を表示機能なしで開きます。[設定] ボックスに「-R -nodisplay」と入力します。
-logfileMATLAB Runtime の起動に関する情報をログ ファイルに書き込みます。[ログ ファイルの作成] チェック ボックスをオンにします。ログ ファイル名も含めてログ ファイルへのパスを [ログ ファイル] ボックスに入力します。
-startmsgMATLAB Runtime の初期化の開始時に表示されるメッセージを指定します。[設定] ボックスに「-R 'startmsg, message text'」と入力します。
-completemsgMATLAB Runtime の初期化の完了時に表示されるメッセージを指定します。[設定] ボックスに「-R 'completemsg, message text'」と入力します。

mcc コマンド ラインを使用した MATLAB Runtime の起動オプションの設定

コマンド ラインを使用する場合は、-R スイッチを指定して、使用する MATLAB Runtime の起動オプションを呼び出します。

以下は、スタンドアロン実行可能ファイルをビルド (-m スイッチで指定) するときに -nojvm-nodisplay-logfile を呼び出す mcc -R の使用例です。

 -nojvm の設定

 -nodisplay の設定 (Linux のみ)

 -logfile の設定

 1 つのコマンドによる -nojvm-nodisplay-logfile の設定