Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Runtime を使用した MATLAB コードの配布

MATLAB® のインストールされていないターゲット コンピューターである配布先のマシンに MATLAB Runtime がまだない場合は、これをインストールします。

MATLAB Runtime

"MATLAB Runtime" は、MATLAB で使用されるものと同じ共有ライブラリで構成される実行エンジンであり、MATLAB のインストールされていないシステムにおいて MATLAB ファイルの実行を可能にします。

MATLAB Compiler™ または MATLAB Compiler SDK™ を使用して作成されたアプリケーションの配布を簡略化するために、MATLAB Runtime は Web からダウンロード可能になっています。MATLAB Runtime 製品ページから MATLAB Runtime をダウンロードします。

MATLAB Runtime インストーラーは以下を実行します。

  1. MATLAB Runtime をインストール。

  2. インストーラーが実行されるフォルダーにコンポーネント アセンブリをインストール。

  3. MATLAB Runtime のインストールの一環として、MWArray アセンブリを Global Assembly Cache (GAC) にコピー。

MATLAB Runtime の必要条件

  1. MATLAB Runtime インストーラーを実行するには、管理者権限が必要です。

  2. ターゲット コンピューター上でアプリケーションを実行する MATLAB Runtime のバージョンには、配布コードをビルドした MATLAB Compiler または MATLAB Compiler SDK のバージョンとの互換性がなければなりません。

  3. MATLAB インストール ディレクトリには MATLAB Runtime をインストールしないでください。

  4. MATLAB Runtime インストーラーには約 2 GB のディスク容量が必要です。

インストーラーへの MATLAB Runtime インストーラーの追加

この例では、いずれかのコンパイラ アプリを使用して、生成されるインストーラーに MATLAB Runtime を含める方法を説明します。生成されるインストーラーには、MATLAB Compiler または MATLAB Compiler SDK でビルドされたスタンドアロン アプリケーションや共有ライブラリの実行に必要なすべてのファイルが含まれ、それらはターゲット システムに適切に配置されます。

  1. コンパイラ インターフェイスの [パッケージ化オプション] セクションで、以下の一方または両方のオプションを選択します。

    • ランタイムを Web からダウンロード — このオプションは、MathWorks の Web サイトから MATLAB Runtime インストーラーを呼び出すインストーラーをビルドします。

    • ランタイムをパッケージに含める — このオプションは、生成されるインストーラーに MATLAB Runtime インストーラーを含めます。

  2. [パッケージ化] をクリックします。

  3. インストーラーを必要に応じて配布します。

MATLAB Runtime のインストール

この例では、MATLAB Runtime をシステムにインストールする方法を説明します。

コンパイルされたアーティファクトを含むインストーラーが提供された場合、MATLAB Runtime はアプリケーションまたは共有ライブラリと共にインストールされます。生のバイナリ ファイルのみが提供された場合は、MATLAB Runtime インストーラーを Web からダウンロードし、インストーラーを実行します。

メモ

Windows® 以外のプラットフォームで実行している場合は、ターゲット マシン上でパスの変更を行います。パスを設定すると、アプリケーションが MATLAB Runtime を検索できるようになります。パスの設定の詳細については、Set MATLAB Runtime Path for Run-Time Deployment (MATLAB Compiler SDK)を参照してください。

Windows のパスは自動的に設定されます。Linux®Mac では、実行スクリプトを使用してパスを設定できます。特に、Linux、Mac などの UNIX® 系によるすべての配布タスクの実行の詳細については、MATLAB Runtime のパス設定の問題を参照してください。

MWArray API の検索場所

MATLAB Runtime には、アプリケーションと MATLAB Runtime 間のデータ交換用 API を含む MWArray.dll も用意されています。この API のドキュメンテーションは、インストールの Help フォルダーにあります。

MATLAB Runtime インストーラーを実行しているターゲット マシンの mcrRoot\toolbox\dotnetbuilder\bin\architecture\framework_versionMWArray アセンブリが配置されます。

MWArray.dll を含む MATLAB Runtime のサンプル ディレクトリ構造