Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

parfor ループ内のリダクション割り当て

リダクション割り当てとは

リダクションの割り当て、または "リダクション" は、ループ反復は独立していなければならないというルールに対する例外です。"リダクション変数" は、すべての反復に同時に依存するが反復順序には依存しない値を累積します。サポートされているリダクション変数の一覧は、リダクション変数を参照してください。

parfor ループ内の複数のリダクション

毎回同じデータ型を使用する場合に限り、1 つの parfor ループ内で同じリダクション割り当てを複数回実行できます。

たとえば、次の parfor ループでは、u(i) および v(i) は同じ型でなければなりません。

parfor i = 1:10;
  X = X + u(i);
  X = X + v(i);
end

同様に、次の例は、u(i)v(i) が同じ型である場合に限り有効です。

parfor i=1:10
  r = foo(r,u(i));
  r = foo(r,v(i));
end