Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addDesignRangeSpecification

パラメーターへの設計範囲指定の追加

構文

addDesignRangeSpecification(fcnName,paramName,designMin, designMax)

説明

addDesignRangeSpecification(fcnName,paramName,designMin, designMax) は関数 fcnName のパラメーター paramName に対して認められる最小値と最大値を指定します。固定小数点の変換プロセスでは、この設計範囲情報を使用して、コードの下流にある変数の範囲を派生させます。

入力引数

すべて展開する

関数名。文字列で指定します。

データ型: char

パラメーター名は文字列として指定されます。

データ型: char

このパラメーターで許容される最小値。スカラーの double で指定します。

データ型: double

このパラメーターで許容される最大値。スカラーの double で指定します。

データ型: double

設計範囲指定の追加

% Set up the fixed-point configuration object
fixptcfg = coder.config('fixpt');
fixptcfg.TestBenchName = 'dti_test';
fixptcfg.addDesignRangeSpecification('dti', 'u_in', -1.0, 1.0)
fixptcfg.ComputeDerivedRanges = true;

%Set up C code configuration object
cfg = coder.config('lib'); 
% Derive ranges  and generate fixed-point C code
codegen -config cfg -float2fixed fixptcfg dti -report