Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Hello World

この例では、codegenコマンドを使って単純な MATLAB® 関数から MEX 関数を生成する方法を示します。codegen を使用すると、MATLAB コードがコード生成に適しているかどうかをチェックし、多くの場合 MATLAB アルゴリズムを高速化することができます。MEX 関数を実行して、実行時エラーをチェックできます。

必要条件

この例には必要条件はありません。

関数 'hello_world' について

関数 hello_world.m は、単に文字列 'Hello World!' を返します。

type hello_world
function y = hello_world 
%#codegen
y = 'Hello World!';

%#codegen 命令は、当該の MATLAB コードがコード生成用であることを示します。

MEX 関数の生成

最初に、コマンドcodegenを使用して MEX 関数を生成し、コンパイルする MATLAB ファイルの名前を指定します。

codegen hello_world
Code generation successful.

既定で、codegen は、現在のフォルダーに hello_world_mex という名前の MEX 関数を生成します。これにより、MATLAB コードと MEX 関数をテストして結果を比較することができます。

MEX 関数の実行

MEX 関数を実行してその動作を元の MATLAB 関数の動作と比較し、ランタイム エラーがないかチェックします。

hello_world_mex
ans = 
'Hello World!'