Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

呼び出し階層

[呼び出し階層] ペインには、ソース コードの関数の呼び出しツリーが表示されます。

関数 foo の場合は、[呼び出し階層] ペインには、foo を呼び出す関数およびタスク (呼び出し元) と foo によって呼び出される関数およびタスク (呼び出し先) が一覧表示されます。呼び出し元は、 (関数) または (タスク) によって示されます。呼び出し先は、 (関数) または (タスク) によって示されます。[呼び出し階層] ペインには、直接関数呼び出しと関数ポインターによる間接呼び出しが一覧表示されます。間接呼び出しは アイコンを付けて表示されます。到達不能な呼び出しは関数名がグレーで表示されます。

このペインを開くには、Polyspace® デスクトップ ユーザー インターフェイスの [検証結果の詳細] ペインで、 ボタンを選択します。

ペインを更新する方法は以下です。

  • [検証結果のリスト] または [ソース] ペインのランタイム チェックをクリックします。チェックを含む関数とその呼び出し元および呼び出し先が表示されます。

  • ソース コード内の関数名をクリックします。関数の呼び出し元と呼び出し先が表示されます。関数名にも実行時チェックの色が表示される場合、関数名をクリックするのではなく、関数名を右クリックして [定義に移動] を選択します。

この例では、[呼び出し階層] ペインには関数 generic_validation とその呼び出し元および呼び出し先が表示されます。

[呼び出し階層] ペインの行番号はソース コードの異なる行を参照します。

  • 関数名については、行番号は関数定義の最初を参照。generic_validation の定義は 69 行目から始まる。

  • 呼び出し先名については、行番号は呼び出し先が呼び出される行を参照。呼び出し先 functional_ranges は 86 行目で generic_validation によって呼び出される。

  • 呼び出し元名については、行番号は呼び出し元が関数を呼び出す行を参照。呼び出し元 main は 50 行目で generic_validation を呼び出す。

ヒント

ソース コードの呼び出し場所に移動するには、呼び出し元または呼び出し先の名前を選択します。

[呼び出し階層] ペインでは、次のアクションを実行できます。

  •  呼び出し元および呼び出し先の表示/非表示

  •  呼び出し階層での移動

  •  関数がスタブ化されているかどうかの判断

  •  プログラムの呼び出し階層の表示