Main Content

AUTOSAR C コードおよび XML 記述の生成

AUTOSAR 準拠の C コードを生成し、AUTOSAR XML (ARXML) 記述を AUTOSAR コンポーネント モデルからエクスポートします。

Simulink Coder および Embedded Coder ソフトウェアをお持ちの場合、AUTOSAR コンポーネント モデルをビルドできます。従来のコンポーネント モデルをビルドすると、アルゴリズム C コードが生成され、AUTOSAR Classic Platform 仕様に準拠した ARXML 記述がエクスポートされます。生成された C コードと ARXML 記述を、Simulink でのテスト、または AUTOSAR ランタイム環境への統合に使用します。

コード生成のための AUTOSAR コンポーネント モデルの準備

AUTOSAR C コードと ARXML 記述の生成に使用するコンポーネント モデルを開きます。この例では AUTOSAR のモデル例 autosar_swc を使用します。

open_system('autosar_swc');

オプションで、コード生成用にモデル コンフィギュレーション設定を調整するには、Embedded Coder クイック スタート (推奨) を使用します。この例では、Embedded Coder クイック スタートを使用します。[アプリ] タブから、AUTOSAR Component Designer アプリを開きます。[AUTOSAR] タブで [クイック スタート] をクリックします。

クイック スタートの手順に従います。[出力] ウィンドウで、出力オプション [AUTOSAR に準拠する C コード] を選択します。

クイック スタート ソフトウェアにより、次の手順に従って AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルが設定されます。

  1. モデルのコード生成設定が構成されます。AUTOSAR ターゲットが選択されていない場合は、モデル コンフィギュレーション パラメーターの [System target file]autosar.tlc に設定され、[Generate XML for schema version] が既定の値に設定されます。

  2. AUTOSAR マッピングが存在しない場合、ソフトウェアではモデルのマッピングされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントが作成されます。

  3. モデルのビルドが実行されます。

最後のウィンドウで [終了] をクリックすると、AUTOSAR コードのパースペクティブでモデルが開きます。

AUTOSAR ディクショナリでの XML オプションの検証

コード生成の前に AUTOSAR ディクショナリを開き AUTOSAR XML エクスポート パラメーターの設定を確認します。[AUTOSAR] タブで [コード インターフェイス][AUTOSAR ディクショナリ] を選択します。AUTOSAR ディクショナリで [XML Options] を選択します。

AUTOSAR ディクショナリの XML オプションのビューに、XML エクスポート パラメーターとその値が表示されます。以下を構成できます。

  • Simulink で作成された AUTOSAR 要素の XML ファイルのパッケージ化

  • AUTOSAR パッケージ パス

  • エクスポートされた AUTOSAR XML コンテンツの一部

この例では、[エクスポートされた XML ファイルのパッケージ化][Modular] に設定し、ARXML が modelname_component.arxmlmodelname_datatype.arxmlmodelname_interface.arxml などのモジュラー ファイルにエクスポートされるようにします。

AUTOSAR C コードおよび XML 記述の生成

Classic Platform 仕様に準拠する AUTOSAR C コードと XML ソフトウェア記述を生成するには、モデルをビルドします。モデル ウィンドウで Ctrl+B キーを押します。ビルド プロセスにより、C コードと ARXML 記述がモデル ビルド フォルダー autosar_swc_autosar_rtw に生成されます。モデルで使用されないデータ型と関連要素は、エクスポートされた ARXML ファイルから削除されます。ビルドが完了すると、コード生成レポートが開きます。

関連するリンク