ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

操作点

仕様 (平衡化) またはシミュレーション時間からモデルの操作点を検出、操作点でのモデルの初期化

動的システムの "操作点" は、ある特定時点でのモデルについて、初期状態とルートレベルの入力信号を指定します。操作点は、コマンド ライン ツールまたは Linear Analysis Tool を使用して検索できます。操作点の詳細については、操作点についておよび定常状態の操作点の計算を参照してください。

関数

findop 仕様 (平衡化) またはシミュレーションからの定常状態の操作点
operpoint Simulink モデルで操作点オブジェクトを作成します。
operspec 操作点の仕様
initopspec 操作点の指定値の初期化
addoutputspec 出力仕様を操作点の仕様に追加
update モデル内の構造変更を反映して、操作点オブジェクトを更新します。
getinputstruct 操作点からの入力構造体
getstatestruct 操作点からの状態構造体
findopOptions 仕様から操作点を検出するオプションの設定

ブロック

Trigger-Based Operating Point Snapshot トリガーされたイベントで操作点、線形化、または両方を生成します。

例および操作のヒント

操作点の検索

状態の指定に基づいた定常状態の操作点の計算

以下の例では、既知 (固定) の平衡状態および最小状態の値を指定して、定常状態の操作点または平衡化の操作点を計算する方法を説明します。

出力仕様を満たす定常状態の操作点の計算

以下の例では、ブロック出力の値への制約により指定される、定常状態の操作点を検出する方法を示します。

操作点探索に用いる仕様のインポートとエクスポート

線形解析ツールで操作点の仕様を修正する場合、修正後の仕様を MATLAB® ワークスペースまたは線形解析ツールのワークスペースにエクスポートできます。

操作点探索の最適化設定の変更

以下の例では、最適化アルゴリズムを設定することで、操作点探索の精度を制御する方法を説明します。

シミュレーションのスナップショットを使用した定常状態の操作点探索の初期化

以下の例では、線形解析ツールでシミュレーションのスナップショットを使用して操作点探索の値を初期化する方法を説明します。

シミュレーションのスナップショットでの操作点の計算

以下の例では、線形解析ツールを使用して、指定したシミュレーション時間 ("シミュレーションのスナップショット") で操作点を計算する方法を説明します。

Simscape Multibody モデルの定常状態の操作点の計算

以下の例では、Simscape™ Multibody™ モデルの定常状態の操作点を仕様から計算する方法を説明します。

操作点の変更

操作点の表示と変更

以下の例では、線形解析ツールでモデル初期条件を表示する方法を説明します。

Simulink モデルの同期

Simulink モデルの変更と操作点の仕様の同期

以下の例では、線形解析ツールの操作点の仕様を更新して、Simulink® モデルへの変更を反映させる方法を説明します。

特定の操作点での Simulink モデルのシミュレーション

以下の例では、シミュレーションにおいて特定の操作点でモデルを初期化する方法を説明します。

バッチ計算

生成された MATLAB コードを再利用した定常状態の操作点のバッチ計算

この例では、生成された MATLAB コードを使用してモデルの定常状態の操作点をバッチ計算する方法を説明します。

定常状態の操作点のバッチ計算

この例では、findop コマンドを使用して、複数の操作点の仕様に対し操作点を検索する方法を説明します。

コード生成

操作点を構成するための MATLAB コードの生成

このトピックでは、操作点を構成するために線形解析ツールから MATLAB コードを生成する方法を示します。

概念

操作点について

動的システムの "操作点" は、ある特定時点でのモデルについて、初期状態とルートレベルの入力信号を定義します。

定常状態の操作点の計算

数値最適化方法を使用して、仕様を満たす定常状態の操作点 (平衡操作点) を計算できます。

内部状態表現をもつブロックの処理

線形化と制御設計に使用する操作点オブジェクトには、内部状態表現をもつ次の Simulink ブロックを含めることができません。

この情報は役に立ちましたか?