ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アクセラレータ モードの動作方法

概要

アクセラレータ モードとラピッド アクセラレータ モードは、Simulink® Coder™ 製品の一部分を使用し、実行ファイルを作成します。これらのモデルは、Simulink シミュレーションで一般に使用するインタープリター型コードを置き換えるため、モデルの実行時間が短縮されます。

アクセラレーション モードは、特定の Simulink Coder コード生成技術を採用していますが、モデルを高速化するための Simulink Coder ソフトウェアをインストールする必要はありません。

    メモ:    アクセラレータ モードとラピッド アクセラレータ モードで生成されたコードは、モデルのシミュレーションの高速化のみに適しています。その他の目的でコードを生成する場合は、Simulink Coder 製品を使用しなければなりません。

ノーマル モード

ノーマル モードでは、MATLAB® 技術計算環境を基にして、Simulink ソフトウェアを構築します。Simulink はシミュレーション中に使用したソルバーとモデルのメソッドを制御します。「モデルのメソッド」には、モデル出力の計算などが含まれます。ノーマル モードは 1 つのプロセスで実行されます。

アクセラレータ モード

アクセラレータ モードは、コードを生成してから C-MEX S-Function にリンクします。Simulink はこのアクセラレーション ターゲット コードを使用して、シミュレーションを実行し、コードは後で実行するシミュレーション用に使用できます。

Simulink は、アクセラレーション ターゲット コードを再利用する前に最新のものであるかどうかを確認します。「高速化されたモデルでのコードの再生成」で説明されているように、ターゲット コードが最新のものでない場合は生成されます。

アクセラレータ モードでは、モデルのメソッドは Simulink ソフトウェアとは異なり、アクセラレーション ターゲット コードの一部です。C-MEX S-Function API は Simulink ソフトウェアを通信を行い、MEX API は MATLAB と通信を行います。ターゲット コードは、MATLAB および Simulink と同じプロセスで実行されます。

ラピッド アクセラレータ モード

ラピッド アクセラレータ モードは、モデルからラピッド アクセラレータのスタンドアロンの実行ファイルを作成します。この実行ファイルにはソルバーとモデルのメソッドが含まれますが、MATLAB と Simulink の外部に存在します。このファイルはエクスターナル モード (「ホスト/ターゲット通信」を参照) を使用して、Simulink と通信を行います。

MATLAB と Simulink は 1 つのプロセスで実行され、2 番目の処理コアを利用できる場合は、スタンドアロンの実行ファイルがそこで実行されます。

詳細

この情報は役に立ちましたか?