ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

If Action Subsystem

If ブロックが実行するサブシステムを表現

ライブラリ

Ports & Subsystems

説明

If Action Subsystem ブロックは、実行が If ブロックでトリガーされるサブシステムを作成するときの開始点としての機能を果たすよう構成された Subsystem ブロックです。

    メモ:   If Action Subsystem のすべてのブロックは、If ブロックの駆動と同じレートで実行されなければなりません。各ブロックのサンプル時間パラメーターを継承 (-1) または、If ブロックのサンプル時間と同じ値を設定して行うことができます。

詳細は、「Action Subsystem の作成」、「If ブロック」および「制御フロー ブロックによるモデリング」を参照してください。

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

コード生成

あり

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?