ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

From

Goto ブロックからの入力の受け入れ

ライブラリ

Signal Routing

説明

From ブロックは、対応する Goto ブロックから信号を受け入れて、出力として渡します。出力のデータ型は、Goto ブロックからの入力のデータ型と同じです。From ブロックと Goto ブロックを使用すると、それらを実際に接続しなくても、ブロックから別のブロックに信号を渡すことができます。Goto ブロックを From ブロックに関連付けるには、[Goto タグ] パラメーターに Goto ブロックのタグを入力します。

From ブロックは 1 つの Goto ブロックからしか信号を受け取ることができませんが、Goto ブロックは 1 つを超える From ブロックに信号を渡すことができます。

次の図は、Goto ブロックと From ブロックの使用が、それらのブロックに接続されているブロックを接続することに等しいことを示しています。左のモデルでは、Block1 は Block2 に信号を渡します。このモデルは、右のモデルと同じです。右のモデルでは、Block1 を Goto ブロックに接続して、その信号を From ブロックに渡し、そこから Block2 に渡します。

Goto ブロックのタグの可視性によって、その信号を受け取ることができる From ブロックが決まります。詳細は、GotoGoto Tag Visibilityを参照してください。このブロックは、Goto ブロックのタグの可視性を示します。

  • ローカル タグ名は、角かっこ ([]) で囲まれます。

  • 範囲を限定されたタグ名は、中かっこ ({}) で囲まれます。

  • グローバル タグ名が表示される場合、追加される文字はありません。

From ブロックは「信号ラベルの伝播」をサポートします。

サポートするデータ型

From ブロックは、固定小数点データ型と列挙型データも含め、Simulink® によってサポートされる任意のデータ型の実数信号または複素数信号を出力します。

詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「Simulink でサポートされているデータ型」を参照してください。

パラメーターとダイアログ ボックス

Goto タグ

この From ブロックに信号を渡す Goto ブロックのタグ。

タグを変更するには、このコントロールのドロップダウン リストから新しいタグを選択します。ドロップダウン リストには、From ブロックが現在参照できる Goto タグが表示されます。Simulink セッションではじめてリストを表示するときに、リストの末尾に <他のタグ> とラベル付けされた項目が現れます。この項目を選択すると、この From ブロックを含むモデルによって参照されるライブラリ サブシステム内にある Goto ブロックのタグを含むタグ リストがブロックによって更新されます。Simulink は、ライブラリ タグのリストを作成中に、進行状況バーを表示します。Simulink は、Simulink セッションの間、または次に隣の [タグの更新] ボタンを選択するときまで、更新されたタグのリストを保存します。リストを最後に更新してから、モデルによって参照されるライブラリが変更された場合に限り、現在のセッションでタグ リストを再び更新する必要があります。

複数の From および Goto Tag Visibility ブロックを使用して同じ Goto タグを参照している場合は、すべてのブロックでタグ名を同時に変更できます。Goto ブロックのダイアログ ボックスで [すべての名前の変更] ボタンを使用します。Goto ブロックを見つけるには、[Goto ソース] ハイパーリンクを使用します。

タグの更新

この From ブロックが参照できるように、この From ブロックを含むモデルによって参照されるライブラリにあるタグを含んでいるタグのリストを更新します。

Goto ソース

この From ブロックに接続された Goto ブロックのパス。パスをダブルクリックすると、Goto ブロックが表示されて、強調表示されます。

アイコン表示

From ブロックのアイコンに表示するテキストを指定します。オプションは、ブロックのタグ、ブロックが表す信号の名前、またはタグと信号名の両方です。

次のモデルは、From ブロックの使用方法を示します。

  • sldemo_auto_climatecontrol

  • sldemo_hardstop

特性

データ型

double | single | boolean | 整数 | 固定小数点 | 列挙型 | バス

サンプル時間

駆動 Goto ブロックから継承

多次元信号

あり

可変サイズの信号

あり

ゼロクロッシング検出

なし

コード生成

あり

参考

Goto

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?