ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

shading

カラー シェーディング プロパティの設定

構文

shading flat
shading faceted
shading interp
shading(axes_handle,...)

説明

関数 shading は、Surface および Patch グラフィックス オブジェクトのカラー シェーディングを制御します。

shading flat は、各メッシュ ライン セグメントや面を、セグメントの端点または最小のインデックスをもつ面の隅の色の値によって指定された一定の色に設定します。

shading faceted は、メッシュ ラインに黒を重ね合わせたフラット シェーディングです。これが、既定のシェーディング モードです。

shading interp は、ラインや面でカラーマップのインデックスや True Color の値を内挿し、各ライン セグメントや面の色を変化させます。

shading(axes_handle,...) は、現在の Axes の代わりに axes_handle で指定された Axes のオブジェクトにシェーディング タイプを適用します。関数形式を使用する場合、引用符で囲まれた文字列を使用します。以下に例を示します。

shading(gca,'interp')

すべて折りたたむ

関数 sphere をプロットして異なるタイプのシェーディングを使用します。

figure
subplot(2,2,1)
sphere(16)
title('Faceted Shading (Default)')

subplot(2,2,2)
sphere(16)
shading flat
title('Flat Shading')

subplot(2,2,3)
sphere(16)
shading interp
title('Interpolated Shading')

詳細

すべて折りたたむ

アルゴリズム

shading は、現在の Axes 内のすべての Surface と Patch グラフィックス オブジェクトの EdgeColorFaceColor プロパティを設定します。shading は、Surface または Patch オブジェクトがメッシュまたはソリッドな面であるかによって、近似値を設定します。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?