ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

light

Light オブジェクトを作成

構文

light('PropertyName',propertyvalue,...)
light(ax,...)
handle = light(...)

プロパティ

プロパティの一覧については、Light のプロパティ を参照してください。

説明

関数 light は、現在の Axes に Light オブジェクトを作成します。Light は、Patch および Surface オブジェクトのみに影響します。

light('PropertyName',propertyvalue,...) は、名前を付けたプロパティに対して指定した値を使用して、Light オブジェクトを作成します。プロパティの詳細は、Light のプロパティ を参照してください。MATLAB® では、ユーザーが他の Axes を Parent プロパティによって指定しない限り、現在の Axes が Light オブジェクトの親オブジェクトになります。

light(ax,...) は、現在の座標軸 (gca) ではなく、ax によって指定された座標軸にライトを作成します。オプションの ax は、前述の構文のすべての入力引数の組み合わせより前に指定できます。

handle = light(...) は、作成される Light オブジェクトのハンドル番号を返します。

ベクトル [-1 0 0] により定義される方向、つまり、x 軸の 0 から正の方向に、peaks 表面プロットにローカル光源から照明を与えます。

surf(peaks,'FaceLighting','gouraud','FaceColor','interp',...
      'AmbientStrength',0.5)
light('Position',[-1 0 0],'Style','local')

チュートリアル

ライティングの詳細は、「ライティングの概要」を参照してください。

詳細

すべて折りたたむ

ヒント

Light オブジェクトそれ自体を見ることはできませんが、Patch および Surface オブジェクトへの光源の影響は見ることができます。これらのオブジェクトに照明を与える Axes の周囲光の色を指定することができます。しかし、周囲光は少なくとも 1 つの Light オブジェクトが Axes に存在して、視覚可能であるときにのみ見ることができます。

プロパティの名前と値のペア、構造体配列、セル配列としてプロパティを指定できます (これらのデータ型の指定方法例は、関数 set および関数 get を参照してください)。

Patch のプロパティPrimitive Surface のプロパティ AmbientStrengthDiffuseStrengthSpecularStrengthSpecularExponentSpecularColorReflectanceVertexNormals の各プロパティも参照してください。また、lightingmaterial コマンドを参照してください。

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?