ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isequal

2 つの fi オブジェクトの実際値が等しいかどうかを判別、または 2 つの fimathnumerictype、または quantizer オブジェクトのプロパティが等しいかどうかを判別

構文

y = isequal(a,b,...)
y = isequal(F,G,...)
y = isequal(T,U,...)
y = isequal(q,r,...)

説明

y = isequal(a,b,...) は、fi オブジェクトの入力の実際値がすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

浮動小数点値を固定小数点値と比較する関係演算においては、この浮動小数点値は、最高精度のスケーリングを使用して fi オブジェクトと同じ語長と符号付き/なしにキャストされます。

y = isequal(F,G,...) は、fimath オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

y = isequal(T,U,...) は、numerictype オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

y = isequal(q,r,...) は、quantizer オブジェクトの入力のプロパティがすべて同じである場合、1 を返します。それ以外の場合は 0 を返します。

すべて折りたたむ

関数 isequal を使用して、2 つの fi オブジェクトに同じ実際値が設定されているかどうかを判別します。

a = fi(pi);
b = fi(pi, 1, 32);
y = isequal(a, b)
y =

     0

入力 a の語長は 16 ビットですが、入力 b の語長は 32 ビットです。2 つの fi オブジェクトは同じ実際値をもっていないため、関数 isequal0 を返します。

double を fi オブジェクトと比較するときに、double は fi オブジェクトと同じ語長と符号付き/なしにキャストされます。

a = fi(pi);
b = pi;
y = isequal(a, b)
y =

     1

関数 isequal は、ba と同じ語長にキャストして、1 を返します。この動作により、関係演算は生成されたコードに浮動小数点値を導入せずに fi オブジェクトと浮動小数点定数の間で機能します。

この情報は役に立ちましたか?