ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

balredOptions

モデル低次元化のためのオプション セットを作成する

構文

opts = balredOptions
opts = balredOptions('OptionName', OptionValue)

説明

opts = balredOptions は、balred コマンドのための既定のオプション セットを返します。

opts = balredOptions('OptionName', OptionValue) は、1 つ以上のコンマ区切りの名前/値ペアを受け取ります。OptionName は単一引用符で囲みます。

入力引数

名前/値のペアの引数

'StateElimMethod'

状態消去方法。弱結合状態 (最小のハンケル特異値をもつ状態) を消去する方法を指定します。以下のいずれかの値として指定。

'MatchDC'指定された状態を破棄し、残りの状態が DC ゲインを保持するように変更します。
'Truncate'指定された状態を破棄し、残りの状態を変更しません。この方法は、周波数領域では近似精度が向上する傾向がありますが、DC ゲインが一致することは保証されません。

既定値: 'MatchDC'

'AbsTol, RelTol'

安定/不安定分解の絶対および相対の許容誤差。正のスカラー値。不安定な極をもつ入力モデル G の場合、balred はまず、安定/不安定分解 G → GS + GU を計算して安定ダイナミクスを抽出します。AbsTol および RelTol 許容誤差はこの分解の精度の制御に使用します。具体的には、G および GS + GU の周波数応答の差が AbsTol + RelTol*abs(G) を超えないようにします。これらの許容誤差を増やすことは、精度を犠牲にして、近傍の安定モードと不安定モードを分離する場合には役立ちます。詳細は、stabsep を参照してください。

既定値: AbsTol = 0; RelTol = 1e-8

'Offset'

安定/不安定境界のオフセット。正のスカラー値。安定/不安定分解では、安定項は次の条件を満たす極のみを含みます。

  • Re(s) < -Offset * max(1,|Im(s)|) (連続時間)

  • |z| < 1 - Offset (離散時間)

安定境界の近くの極を不安定として扱うには、Offset の値を増加します。

既定値: 1e-8

これらのオプションとその使い方の詳細については、「balred」のリファレンス ページを参照してください。

すべて折りたたむ

オフセット オプションを使用した低次元化近似

次によって与えられるシステムの低次元化近似を計算します。

$$G\left( s \right) = \frac{{\left( {s + 0.5} \right)\left( {s + 1.1}&#xA;\right)\left( {s + 2.9} \right)}}{{\left( {s + {{10}^{ - 6}}}&#xA;\right)\left( {s + 1} \right)\left( {s + 2} \right)\left( {s + 3}&#xA;\right)}}.$$

Offset オプションを使用して、安定/不安定分解の安定項から、 $s = 10^{-6}$ にある極を排除します。

sys = zpk([-.5 -1.1 -2.9],[-1e-6 -2 -1 -3],1);
% Create balredOptions
opt = balredOptions('Offset',.001,'StateElimMethod','Truncate');
% Compute second-order approximation
rsys = balred(sys,2,opt);

元のモデルと低次元化されたモデルの応答を比較します。

bodeplot(sys,rsys,'r--')

参考

|

この情報は役に立ちましたか?