MATLAB の新機能

データの前処理と解析、スクリプトとアルゴリズムの記述、アプリの構築のほか、チームベースのソフトウェア開発のための新しいツールを追加。

そして、MATLAB のパフォーマンスが一段と向上しました。これらの機能について詳しく見ていきましょう。

ライブエディター

MATLAB ライブエディターを使用して、コードや出力、書式設定されたテキストを実行可能なノートブックにまとめる MATLAB スクリプトと関数を作成します。

新機能 iOS でのライブエディター: iPhone または iPad から MATLAB Mobile でライブスクリプトを作成、編集、実行 (2020b)

新機能 ライブエディター: ライブスクリプトのハイパーリンクを使用して別のライブスクリプトを開く (R2020b)

標準形式へのエクスポート: ライブスクリプトや関数を個別またはバッチで PDF、Microsoft Word、HTML、LaTeX に保存 (R2019a、R2020b)

ライブタスク: ライブエディターのタスクを使用して、パラメーターを調整、結果を参照し、コードを自動生成。 (R2019b、R2020a)

ライブエディターでのテスト実行: ライブエディター ツールストリップからテストを直接実行 (R2020a)

コードの非表示: ライブスクリプトの共有時/エクスポート時にコードを非表示 (R2019a)

アプリの作成

App Designer を利用すると、ソフトウェア開発の専門家でなくても完成度の高いアプリを作成できます。

新機能 Icon プロパティ: UI Figure ウィンドウや、ツールバーのプッシュ/切り替えツールのカスタムアイコンを指定 (R2020b)

新機能 比較ツール: App Designer アプリの差分の取得およびマージ (R2020b)

新機能 UI のカスタム コンポーネント: 独自のクラスを作成して、アルゴリズムをカプセル化した複合 UI コンポーネントのほか、グラフィックスや UI オブジェクトを作成 (R2020b)

新機能 関数 exportapp/getframe: アプリの画像の取得および保存 (R2020b)

関数 uicontextmenu: App Designer と uifigure ベースのアプリでコンテキストメニューを追加および設定 (R2020a)

関数 uitoolbar: App Designer と uifigure ベースのアプリでカスタムツールバーを追加 (R2020a、R2020b)

関数 uihtml: HTML、JavaScript、または CSS コンテンツをアプリに追加 (R2019b)

データのインポートと解析

さまざまなソースに対応したデータへのアクセス、整理、クリーニング、および解析

新機能 関数 readstruct/writestruct: XML ファイルの構造化データの読み書き (R2020b)

新機能 最適化のライブエディター タスク: 対話的に最適化問題を作成および求解 (R2020b)

新機能 ArrayDatastore オブジェクト: インメモリデータからデータストアを作成 (R2020b)

ライブエディター タスク: MATLAB コードを自動生成するタスクで、対話的にデータを前処理 (R2019b) し、table と timetable を対話的に操作 (R2020a)

ワークフローのグループ化: grouptransform (R2018b)、groupcounts (R2019a)、groupfilter (R2019b) を使用してデータのグループに基づいた操作を実行

データ型 I/O: 行列、cell 配列、timetable の読み書きに特化した関数の使用 (R2019a)

Parquet ファイルのサポート: 単一または大規模な Parquet ファイルの集合を読み書き (R2019a)

データの可視化

新しいプロット関数とカスタマイズ機能でデータを可視化

新機能 関数 bubblechart/bubblechart3/polarbubblechart: 2D、3D、極座標でのバブルチャートの作成 (R2020b)

新機能 関数 swarmchart: 離散データの分布を可視化 (R2020b)

新機能 タイトル、サブタイトル、および軸ラベル: プロットにサブタイトルを追加し、タイトルと軸ラベルをプロットボックスに合わせて調整 (R2020b)

関数 boxchart: 箱ひげ図を作成してグループ化された数値データを可視化 (R2020a)

関数 exportgraphics/copygraphics: ワークフロー公開のサポートが強化されたグラフィックスの保存およびコピー (R2020a)

関数 tiledlayout: レイアウトの配置、入れ子、およびグリッドサイズの変更 (R2020a)

チャート コンテナー クラス: 直交座標、極座標、または地理的プロットのタイルを表示するチャートの開発 (R2020a)

ビッグデータ

大幅な変更を加えることなく、現在の解析をビッグデータに拡張

データストアの書き込み: データ エンジニアリングおよびファイルベースのワークフロー用にデータストア型の大規模データをディスクに書き込む (R2020a)

tall 配列のカスタマイズ: チャンクまたはスライディング ウィンドウで tall 配列を操作するカスタムアルゴリズムを作成 (R2018b、R2019a)

tall 配列の関数: 関数 innerjoinouterjoinxcorrsvdwordcloud など、より多くの関数が tall 配列に対応 (R2018b、R2019a、R2019b)

カスタムデータストア: カスタムのデータストア フレームワークを使用して Hadoop ベースのデータベースを読み込み (R2019a)

FileDatastore オブジェクト: ファイルを細かく分けてインポートすることで大きなカスタムファイルを読み込み (R2019a)

データストア: データストアを結合して変換 (R2019a)

言語およびプログラミング

新しいデータ型と言語構成によって、より高速かつ明確でメンテナンスしやすいコードを記述。

新機能 pattern オブジェクト: 文字列でテキスト検索を行うためのパターンを作成 (R2020b)

ファイルのエンコード: MATLAB ファイルにおける非 ASCII 文字セットと、既定の UTF-8 エンコーディングでの、クロスプラットフォーム互換性に対するサポートを改善(R2020a)

関数の入力引数の妥当性確認: 入力エラーチェックを簡略化するための関数の入力引数の宣言 (R2019b、R2020b)

16 進数と 2 進数: 16 進数または 2 進数リテラルで数値を指定 (R2019b)

パフォーマンス

MATLAB のコード実行速度は、5 年前と比べて 2 倍以上スピードアップしました。コードを書き換える必要はまったくありません。

新機能 関数 spdiags: スパースバンド行列の作成性能の向上 (R2020b)

新機能 関数 uitree: ツリー内に多数のノードを作成する際のパフォーマンスを改善 (R2020b)

新機能 関数 uilistbox: リストボックスに複数の項目を設定する場合のパフォーマンスを改善 (R2020b)

プロファイラー: フレームグラフを使ってコードの実行性能を視覚的に調査し改善 (R2020a)

ライブエディター: ループとアニメーション プロットのパフォーマンスを改善 (R2020a)

大きなサイズの配列への割り当て: 大きな table、datetime、duration、および calendarDuration 配列に添字により要素を割り当てる際の性能を改善 (R2019b)

大きなサイズの行列を並べ替え: sortrows を使用して大きなサイズの行列の行をより高速に並べ替え (R2019a)

ソフトウェア開発

ソフトウェア開発ツールによって、コードの管理とテスト、他のソフトウェアシステムへの統合、クラウドへのアプリケーションの展開をサポート。

新機能 Python: MATLAB セッションから Python インタープリターを起動および停止 (R2020b)

新機能 コードの互換性レポート: コードの互換性レポートに、サポート対象外の機能に関する警告を追加 (R2020b)

新機能 ユニット テスト フレームワーク: クラスターやクラウド上でテストを並列に実行 (R2020b)

Python のプロセス外実行: Python 関数をプロセス外で実行し、ライブラリ競合を回避 (R2019b)

プロジェクト: 作業の整理、タスクとプロセスの自動化、チームとの共同作業 (R2019a)

C++ インターフェイス: MATLAB からの C++ ライブラリ関数の呼び出し (R2019a)

MATLAB 向け Jenkins プラグイン: MATLAB テストを実行して、JUnit、TAP、および Cobertura のコード カバレッジ レポートなどの形式でテストレポートを生成

新しいリファレンス アーキテクチャ: アマゾン ウェブ サービス (AWS) および Microsoft Azure に MATLAB を展開して実行 (R2018b)

ハードウェア制御

Arduino や Raspberry Pi などの一般的なマイクロ コントローラーを制御、Web カメラから画像を取得、ドローンからのセンサーと画像のデータを収集。

新機能 Arduino: Arduino Engineering Kit Revision 2 を Arduino サポートパッケージに同梱 (R2020b)

新機能 MATLAB Online での Raspberry Pi 用 codegen (R2020b)

新機能 Web カメラ イメージの取得ライブエディター タスク: Web カメラ画像を対話的にキャプチャ (R2020b)

新機能 IP カメラ: IP カメラの H.264 ビデオストリームを復号するためのサポート (R2020b)

新機能 センサーのサポート: BNO055 センサーおよび Sensor Fusion and Tracking Toolbox と Navigation Toolbox を使って向きを推定 (R2020b)

ドローンサポート: MATLAB を使用し、Ryze Tello ドローンを制御してセンサーと画像データを取得 (R2020a)

Arduino: MCP2515 CAN バスシールドを使用して CAN バスのデータにアクセス (R2020a)

Bluetooth Low Energy: BLE デバイスとの読み書き (R2019b)

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

購入する

製品価格に関する情報と関連製品はこちら


あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

リリースごとの新機能

デスクトップ

  • ライブエディター: iPhone および iPad の MATLAB Mobile でのライブスクリプトの作成、編集、実行
  • ライブエディター: ライブスクリプトのハイパーリンクを使用して別のライブスクリプトを開く
  • ライブエディター: フォルダー内のすべてのライブスクリプトやライブ関数を PDF、HTML、LaTeX、または Word に一括エクスポート
  • ライブエディター: スクリーンリーダーで使用する画像のサイズ指定と alt テキストの追加

グラフィックス

  • 関数 bubblechart/bubblechart3/polarbubblechart: 2D、3D、極座標でのバブルチャートの作成
  • 関数 swarmchart: 離散データの分布を可視化
  • 関数 axis: 軸の範囲を拡張し、上限値に近い場所にプロットされたデータ表示をを明確に改善
  • タイトル、サブタイトル、および軸ラベル: プロットにサブタイトルを追加し、タイトルと軸ラベルをプロットボックスに合わせて調整
  • 関数 tiledlayout: 共有する凡例、カラーバー、装飾の配置表示を改善
  • 関数 scatter: すべてのポイントにおける透明度とジッターを変更
  • im2gray/cmap2gray: 画像およびカラーマップをグレースケールに変換

アプリの作成

  • Icon プロパティ: UI Figure ウィンドウや、ツールバーのプッシュ/切り替えツールのカスタムアイコンを指定
  • 比較ツール: App Designer アプリの差分の取得およびマージ
  • UI のカスタム コンポーネント: 独自のクラスを作成して、アルゴリズムをカプセル化した複合 UI コンポーネントのほか、グラフィックスや UI オブジェクトを作成
  • 関数 exportapp/getframe: アプリの画像の取得および保存
  • App Designer: UI コンポーネントの重なり順序を変更
  • 関数 uitable: データに合わせて自動調整するか、加重変数の幅を使用するように列を設定
  • WindowStyle プロパティ: モーダル UI 図を作成
  • App Designer: App Designer キャンバス上のツールバー コンポーネントの追加および設定

数学

  • 最適化のライブエディター タスク:対話的に最適化問題を作成および求解
  • 関数 pagemtimes: N-D 配列のページで行列乗算を実行
  • 関数 pagetranspose/pagectranspose: N-D 配列のページを転置
  • 関数 svdsketch: 低ランク行列近似の SVD 係数を計算

データのインポートとエクスポート

  • 関数 readstruct/writestruct: XML ファイルの構造化データの読み書き
  • 関数 readlines: テキストファイルの行を string 配列として読み取る
  • Web ベースのデータ: リモートロケーション (Amazon S3、Azure Blob Storage、HDFS など) から音声ファイルや HDF5 ファイルを読み取る
  • MATLAB Online: audioplayer オブジェクトを使用して MATLAB Online で音声データを再生
  • データストア オブジェクト: 関数 transform を使って、複数のデータストアを変換
  • ArrayDatastore オブジェクト: インメモリデータからデータストアを作成
  • スプレッドシート ファイル: PreserveFormat/AutoFitWidth を使って、スプレッドシート ファイルにデータを書き込む際の書式設定をカスタマイズ

言語およびプログラミング

  • pattern オブジェクト: 文字列でテキスト検索を行うためのパターンを作成
  • 関数 extract: 文字列から部分文字列を抽出
  • 関数の引数の妥当性確認: mustBeAmustBeTextmustBeVector などの追加バリデーターを使用
  • 関数 height/width: 配列の行数または列数を返す

ソフトウェア開発ツール

  • コードの互換性レポート: コードの互換性レポートにおいて、サポート対象外の機能について警告を表示
  • 依存関係解析: 依存関係の解析レポートを出力可能なファイル形式にエクスポート
  • ユニットテスト フレームワーク: クラスターやクラウド上でテストを並列に実行
  • アプリ テスト フレームワーク: 座標軸、UI 軸、コンテキストメニュー項目、プッシュツール、トグルツール上でドラッグや選択、その他のジェスチャーを実行

外部言語インターフェイス

  • Python:MATLAB セッションから Python インタープリターを起動および停止する
  • C++ インターフェイス: C++ ソースファイルからインターフェイスを作成
  • C++ インターフェイス: C++ 関数に nullptr を渡す

ハードウェアサポート

  • MATLAB Support Package for Ryze Tello Drones: MATLAB から Ryze Tello ドローンを制御してセンサーと画像データを取得
  • Raspberry Pi: Raspberry Pi 4B のサポート
  • Raspberry Pi: Raspberry Pi ハードウェア上にディープラーニング アプリケーションを展開
  • Arduino: Arduino ハードウェアに接続された GPS レシーバーから GPS データを読み取る
  • Web カメラのライブエディター タスク: Web カメラ画像を対話的にキャプチャ
  • Bluetooth インターフェイス: Bluetooth デバイスとの通信をサポート
  • Bluetooth Low Energy: BLE デバイスとの読み書き (R2019b)

データ解析

  • 関数 fillmissing欠損データの削除ライブエディター タスク: 埋めるべき最大ギャップサイズを指定
  • 外れ値データの削除ライブエディター タスク: 百分位数のしきい値に基づいて外れ値を定義
  • 関数 groupsummary: 複数の入力引数を必要とする関数を使用してデータを集約
  • 関数 normalize: 四分位数間範囲でデータをスケーリング

パフォーマンス

  • uitree: ツリー内に多数のノードを作成する際のパフォーマンスを改善
  • uilistbox: リストボックスに複数の項目を設定する場合のパフォーマンスを改善
  • 関数 sum: 数値配列の 1 次元の和のパフォーマンスを改善
  • 関数 accumarray: 値埋め込みと特定の関数ハンドルのパフォーマンスを改善
  • 関数 spdiags: スパースバンド行列の作成性能の向上
  • データヒントマーカー: UI Figure と MATLAB Online で作成された大規模なデータセットの表面プロットにおけるデータヒントマーカーのレンダリング性能の向上

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • ファイルのエンコード: MATLAB ファイルにおける非 ASCII 文字セットとデフォルトの UTF-8 エンコーディングでの、クロスプラットフォーム互換性に対するサポートを改善
  • プロファイラー: フレーム グラフを用いてコードの実行性能を視覚的に調査および改善
  • ライブエディター タスク: table と timetable を対話的に操作してコードを生成
  • ライブエディター コントロール: 値の変更時に必要なコードをすべて実行
  • ライブエディターの実行: ライブスクリプトでのループ実行時の性能を改善
  • ライブエディターの出力: ライブスクリプトでのプロットのアニメーション表示時の性能を改善
  • ライブエディター: 長時間セッションの安定性を改善
  • ヘルプ ブラウザー: MathWorks とカスタム文書の総合検索結果を取得

グラフィックス

  • 関数 boxchart: 箱ひげ図を作成してグループ化された数値データを可視化
  • 関数 exportgraphics/copygraphics: ワークフロー公開のサポートが強化されたグラフィックスの保存およびコピー
  • 関数 tiledlayout: プロットレイアウトの配置、入れ子、およびのグリッドサイズの変更
  • ChartContainer クラス: 直交座標、極座標、または地理的プロットのタイルを表示するチャートの開発

アプリの作成

  • 関数 uicontextmenu : App Designer と uifigureベースのアプリでコンテキストメニューを追加および設定
  • 関数 uitoolbar : uifigureベースのアプリにカスタムのツールバーを追加
  • Icon プロパティ: ボタンとツリーノードで SVG、アニメーション GIF、またはトゥルーカラー イメージ配列のアイコンを表示
  • グラフィックスのサポート: App Designer と uifigure ベースのアプリで注釈の作成、データのブラシ選択、およびデータのヒントを設定
  • アプリ テスト フレームワーク: 右クリックやダブルクリックなど追加の対話式操作を自動化
  • マウス ポインター: App Designer と uifigure ベースのアプリでマウス ポインターの画像を変更
  • GUIDE から App Designer への移行ツール: アプリ移行時の手動コード変更を削減

数学

  • 関数 nufft /nufftn: 不均一高速フーリエ変換の計算
  • 関数 sparse: 整数の添字と論理集計のサポート
  • 関数 sparse: スパース行列の作成性能の向上
  • 関数 complex: スパース行列の複素数対応
  • 関数 transpose/ctranspose: 大規模配列での性能を改善

データのインポートとエクスポート

  • データストア: writeall を使ってデータストアからファイルにデータを書き込み
  • データストア: tabularTextDatastore および spreadsheetDatastore から timetable を出力
  • データストア: TransformedDatastore および CombinedDatastore オブジェクトを分割してシャッフルする
  • テキストおよびスプレッドシートファイル: WriteMode パラメーターを用いたデータの追加、上書き、または置き換え
  • textscan/readtable/detectImportOptions/setvaropts: 16 進数または 2 進数リテラルの読み込みとインポート

言語およびプログラミング

  • 関数 bin2dec/hex2dec: 2 進数または 16 進数のプレフィックスとサフィックスを持つテキストに対応
  • 関数 dec2bin/dec2hex: 入力引数として負の値の使用に対応
  • dbup/dbdown コマンド: 1 操作でスタックの複数レベルを切り替え

ソフトウェア開発

  • MATLAB データ配列: N 次元の行優先メモリレイアウトのサポート
  • C++ インターフェイス: C++ 配列および std::vector 用 MATLAB データ型
  • C++ インターフェイス: std::shared_ptrwchar_t、および std::wstring などの C++ データ型に対するサポートを追加
  • プロジェクトのチェック: プログラムですべてのプロジェクトのチェックを実行
  • MATLAB COM Server: 管理者権限なしで MATLAB を登録
  • ユニットテスト フレームワーク: ライブエディター ツールストリップからテストを実行
  • アプリ テスト フレームワーク: 右クリックやダブルクリックなど追加の対話式操作を自動化
  • 模擬フレームワーク:モック オブジェクトにイベントを追加

ハードウェアサポート

  • Raspberry Pi 4 Model B のサポート: デスクトップにインストールされた MATLAB から Raspberry Pi にリモートで通信
  • Raspberry Pi: MATLAB Coder™ を用いてMATLAB ベースのディープラーニング アルゴリズムを Raspberry Pi 上にスタンドアロン アプリケーションとして展開
  • Arduino: MCP2515 ベースの CAN シールド向けサポートにより CAN バス経由でデータ交換
  • Arduino: MKR Motor Carrier のサポートでモーターを制御
  • MATLAB Support Package for Ryze Tello Drones: MATLAB から DJI Ryze Tello ドローンを制御してセンサーと画像データを取得

データ解析

  • ライブエディター タスク: timetable の時間を対話的に再調整または同期、および table 変数のスタックまたはスタック解除
  • 基本的な近似ツール: 更新されたインターフェイスを用いて Figure ウィンドウ内でプロットされたデータにラインをあてはめ
  • renamevars 関数: table または timetable で変数名を変更
  • 関数 containsrange/overlapsrange/withinrange: timetable の行時間の指定された時間範囲との交差を決定
  • 関数 leapseconds: datetime データ型で使用される閏秒をリスト表示
  • tall 配列: 関数 groupfiltermatches など、より多くの関数が tall 配列に対応

パフォーマンス

  • ライブエディター、table、datetime、およびその他の機能の性能を改善
  • ライブエディターの実行: ライブスクリプトでのループ実行時の性能を改善
  • ライブエディターの出力: ライブスクリプトでのプロットのアニメーション表示時の性能を改善
  • データ型のインデックス: datetimedurationcalendarDuration、および table 変数に添字により要素を割り当てる際の性能を改善
  • datetime データ型フォーマットのパース: テキスト入力のフォーマットをパースする際の性能を改善
  • ode15s/ode23t/ode15i ソルバー: 微分方程式の求解時の性能を改善
  • 関数 imread: JPEG 読み込み時の性能を改善
  • 関数 transpose/ctranspose: 大規模配列での性能を改善
  • 関数 sparse: スパース行列の作成性能の向上

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • ライブエディター タスク: パラメーターを探索し、コードを自動生成するタスクをライブスクリプトに追加
  • ライブエディターの出力: 時間経過に伴うデータの変化を表すプロットをアニメーション化
  • ライブエディターの出力: テーブルの列幅を調整
  • ライブエディターの出力: cell 配列、オブジェクト配列、および構造配列に表示されたデータをコピー
  • ライブエディター エクスポート: エクスポート時に、Figure の形式やドキュメント用紙のサイズ、向き、余白をカスタマイズ
  • ライブエディターの国際化: Windows と macOS プラットフォームで中国語、日本語、および韓国語文字を追加
  • アドオンマネージャー: MATLAB、ハードウェア サポート パッケージ、およびインストールされたアドオンを一箇所で更新
  • アドオン: プログラムを使ってアドオンを名前で管理
  • 設定: カスタムアプリやツールボックス、複数の MATLAB セッション用に永続的な設定を作成

グラフィックス

  • チャート コンテナー クラス: 組み込み MATLAB グラフィックスのように動作するカスタムチャートを開発
  • 関数 tiledlayout/nexttile: 間隔、ラベルと注釈管理、リフロー動作が改善された複数のプロットを Figure に表示
  • 関数 colororder: プロットの線の色を制御
  • データヒント: プログラムによるデータヒントの作成と、追加のチャート上でのデータヒントのカスタマイズ
  • 座標軸の対話式操作: カーソル位置にデータヒントを固定
  • 座標軸ツールバー: 座標軸の内容を画像として保存またはコピー
  • 地理的プロット: 外観とズームレベルが改善されたベースマップへのデータプロット

アプリの作成

  • 関数 uitable/uistyle: テーブルを対話的に並べ替え、テーブル UI コンポーネントの行、列、およびセルのスタイルを作成
  • 関数 uihtml: HTML、JavaScript、または CSS をアプリに追加
  • 関数 uigridlayout: グリッド行や列を設定し、さまざまなサイズのの画面やフォームファクターに合うようにテキストのサイズを自動調整
  • レイアウト マネージャー: 既存の App Designer アプリにグリッド レイアウト マネージャーを追加し、必要に応じて自動リフロー機能付きのアプリに変換

数学

  • 関数 makima: 修正 Akima 3 次エルミート内挿の実行

データのインポートとエクスポート

  • table/timetable データ型: 変数名にスペースや非 ASCII 文字などの任意の文字を含む表形式データの読み書き
  • 関数 sheetnames: スプレッドシート ファイルからワークシート名を取得
  • VideoReader オブジェクト: フレームインデックスや時間を使用したビデオのフレームの読み取りまたは検索
  • VideoReader オブジェクト: 行優先レイアウトを持つ生成コードのパフォーマンスを改善
  • 高性能のシリアル インターフェイス: 従来のシリアル インターフェイスと比較して、シリアルデータのストリーミング速度が最大 4 倍向上
  • Bluetooth Low Energy インターフェイス: BLE デバイスでの読み書き

言語およびプログラミング

  • 関数の入力引数: 入力エラーチェックを簡略化するための関数の入力引数の宣言
  • 16 進数と 2 進数: 16 進数または 2 進数リテラルでる数値を指定
  • 指数: 関数の呼び出しにドットインデックスを使用
  • クラウドデータへのアクセス: Amazon S3 および Azure Blog Storage 向けに関数 deletedirisfileisfolder、what をサポート
  • 関数 error: キャッチされていない例外のための、カスタマイズ可能な「もしかして:」訂正のサポートを追加

ソフトウェア開発

  • Python インターフェイス: Python の関数をプロセス外で実行し、MATLAB と Python の間のライブラリ競合を回避
  • ユニットテスト フレームワーク: カスタムプラグインによるテストの並列実行
  • ユニットテスト フレームワーク: 2 つの TimeResult 配列を視覚的に比較して、時間の経過に伴うパフォーマンスの変化を識別
  • Git ブランチの比較: 選択対象の差分を表示してコピーを保存
  • HTTP Web サービス: NTLM と Kerberos プロトコル向けサーバー認証のサポート

ハードウェアサポート

  • Bluetooth Low Energy インターフェイス: BLE デバイスでの読み書き
  • Parrot ドローン: Parrot ドローンの FPV カメラからビデオ映像をストリーミング
  • Parrot ドローン: Parrot Bebop 2 ドローンのサポート
  • Arduino: デスクトップ コンピューターから Arduino ハードウェアに通信するためのスタンドアロン アプリケーションを構築

データ解析

  • ライブエディター タスク: タスクを使用して対話的にデータを前処理し、MATLAB コードを自動生成
  • 関数 groupfilter: table、timetable、matrix のデータをグループ別にフィルタリング
  • table/timetable データ型: スペース、非 ASCII 文字など任意の文字を使用した変数名
  • tall 配列: 関数 setdiffxcorr など、より多くの関数が tall 配列に対応。関数 innerjoinouterjoin の完全なサポート
  • tall 配列: データストアからの返り値ではない tall 配列は、メモリ不足になる可能性あり

パフォーマンス

  • データ型のインデックス: 大きな table、datetime、duration、および calendarDuration 配列に添字により要素を割り当てる際の性能を改善
  • 関数 uitable: データ型が数値型、logical、または文字ベクトルの cell 配列である場合のパフォーマンスを改善

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • プロジェクト: プロジェクトを使って作業を整理、管理、共有
  • ライブエディター コントロール: コントロールの変数値にチェックボックス、編集フィールド、ボタンを追加して、値の変更時に実行されるコードを指定
  • ライブエディター: ライブスクリプトの共有時/エクスポート時にコードを非表示
  • ライブエディター: コードの選択部分を関数に自動リファクタリング
  • ライブエディター エクスポート: ライブスクリプトや関数を Microsoft Word 文書として保存
  • ライブエディターの出力: 時間経過に伴うデータの変化を表すプロットのアニメーション表示を有効化
  • ライブエディターの出力: table 出力の categorical データのクリーニング、datetime のフィルタリング、変数のデータ型の変更を対話的に実行
  • MATLAB Online: 読み取り専用リンクでのフォルダーの共有、読み取り専用または編集権限のあるユーザーの登録
  • ツールボックスのパッケージ化: カスタム ツールボックスで必要なアドオンをインストール

グラフィックス

  • 関数 parallelplot: 平行座標プロットを使用して、複数の列を含む表形式または行列データを可視化
  • データヒント: チャートでのデータヒントの固定とカスタマイズ
  • 座標軸の対話式操作: ドラッグしてパン、スクロールしてズームなどチャートの対話式操作ジェスチャをカスタマイズ
  • 座標軸の対話式操作: パンツールを使用せず、X、Y、Z 軸をドラッグしてデータをパン
  • プロパティ インスペクター: グラフィックス オブジェクトの可視性を対話的に制御
  • グラフィックス エクスポート: 座標軸ツール バーを使用し、座標軸をより厳密にトリミングしてエクスポート

アプリの作成

  • App Designer: デバイスサイズに合わせて自動的にサイズ変更およびリフローする 2 パネルアプリと 3 パネルアプリを作成
  • App Designer: App Designer キャンバスでグリッド レイアウト マネージャーを追加および設定
  • 関数 uiimage: アプリと App Designer のキャンバスにアイコン、ロゴ、または画像を表示
  • 関数 uitable: table 配列を使用してデータレンダリングを高速化し、テーブルを対話的に並べ替え
  • サイズの自動変更: 作成されるアプリが既定のサイズより小さい場合にコンポーネントのサイズを自動変更
  • グラフィックスのサポート: 関数 uifigure を使って作成されたアプリで座標軸ツールバーとデータヒントを使用してデータを探索
  • MATLAB Online: MATLAB Online を使用した App Designer アプリの作成および編集

データのインポートとエクスポート

  • データ型 I/O: 行列、cell 配列、timetable の読み書き専用の関数の使用
  • Parquet ファイルのサポート: 単一または大規模な Parquet ファイルの集合の読み書き
  • FileDatastore オブジェクト: ファイルを細かく分けてインポートすることで大きなファイルを読み込み
  • カスタムデータストア: カスタムデータストアのフレームワークを使って Hadoop ベースのデータベースを読み込み
  • データストア: 大規模なファイルの集合からデータをインポートする際の読み込みエラーに対処
  • データストア: データストアを結合して変換
  • 関数 thingSpeakRead/thingSpeakWrite: ThingSpeak IoT プラットフォームとの間のデータの読み書き
  • 関数 writetable/imwrite: Web ベースのストレージサービス (Amazon S3、Azure Blob ストレージなど) に書き込み

ハードウェア

  • Parrot ドローンのための MATLAB サポートパッケージ: Parrot Mambo FPV ドローンを制御して、センサーと画像データを取得
  • Android センサー: MATLAB Mobile のモバイル デバイス カメラから画像を取得
  • Raspberry Pi: デスクトップ コンピューターから Raspberry Pi ハードウェアに通信するためのスタンドアロン アプリケーションを構築

データ解析

  • 関数 xcorr/xcov: 相互相関および相互共分散を計算
  • 関数 detrend: 区分的多項式のトレンドの除去、連続性要件の設定、サンプル点の指定
  • 関数 groupcounts: 配列、table、timetable のグループ要素数をカウント
  • 関数 grouptransform: 配列データをグループ別に変換
  • tall 配列: tall 配列を操作するカスタムのスライディング ウィンドウ アルゴリズムの記述
  • tall 配列: 関数 groupcountsintersectsvd など、より多くの関数が tall 配列に対応
  • 関数 filloutliers/isoutlier/rmoutliers: 百分位数を使用した外れ値の検出

パフォーマンス

  • 関数 sortrows: 大きなサイズの行列の行をより高速に並べ替え

高度なソフトウェア開発

  • C++ インターフェイス: MATLAB で C++ ライブラリのクラスと関数を使用
  • C++ MEX: 関数 MEX をプロセス外で実行
  • MException クラス: 捕捉されていない例外の修正候補を表示
  • ユニットテスト フレームワーク: コード カバレッジ メトリクスを HTML 形式で表示

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

 

デスクトップ

  • ライブエディター: 追加のサブ見出しスタイルを使用して、ライブスクリプトを編成
  • ライブエディター: 内部ハイパーリンクを使用して、ライブスクリプト内をナビゲート
  • ライブエディター: テーブル出力を対話的にフィルタリングしてから、生成されたコードをライブスクリプトに追加
  • ライブエディター: ライブスクリプトの新規作成と既存のライブスクリプトのオープンがより高速に
  • 比較ツール: ライブスクリプトまたは関数の 2 つのバージョンをマージ
  • アドオンマネージャー: カスタム ツールボックスの複数のバージョンをインストールして管理

言語およびプログラミング

  • string 配列: string 配列を MATLAB、Simulink、および Stateflow で使用
  • 列挙値: 列挙値の設定操作のパフォーマンスが向上

数学

  • 関数 boundaryshape: polyshape オブジェクトを 2D 三角形分割から作成
  • polyshape オブジェクト: polyshape の作成時に共線点を維持する時点を指定
  • RandStream オブジェクト: Threefry および Philox アルゴリズムを使用して乱数を生成
  • GraphPlot オブジェクト: ノードとエッジのラベルをフォントプロパティでカスタマイズ

グラフィックス

  • 座標軸の対話式操作: 既定で有効なパン、ズーム、データヒント、および 3D 回転でデータを確認
  • 座標軸ツールバー: Axes オブジェクトごとに、データ探索ツールバーにアクセスしてカスタマイズ
  • 地理的プロット: 地理的な座標軸の対話型マップに直線、散布図、および点密度プロットを作成し、プロパティを制御
  • 関数 stackedplot: 比較用に共通の x 軸を使用した table または timetable の変数のプロット
  • 関数 scatterhistogram: グループ化データを周辺ヒストグラム付きの散布図として可視化
  • 関数 sgtitle: サブプロットのグリッドのタイトルを作成
  • 関数 xline/yline: プロットに垂直線または水平線を追加

データのインポートとエクスポート

  • インポートツール: スプレッドシートからのインポート時に生成するコードを改善
  • Web ベースのデータ: アマゾン ウェブ サービスや Azure Blob ストレージなどの Web ベースのデータソースから、readtabledetectImportOptionsspreadsheetDatastoreimreadimfinfo を使って読み取り
  • 関数 write: さまざまな形式の tall 配列をローカルまたはリモート位置に書き込み
  • 関数 stlread/stlwrite: 三角形分割用の STL (光造形法) ファイルの読み書き
  • TabularTextDatastore オブジェクト: 英語以外のロケールの日付と時刻を含むデータをインポート

データ解析

  • 関数 grouptransform: table または timetable データをグループ別に変換
  • 関数 groupsummary: 行列に対してグループ要約の計算を実行
  • tall 配列: tall 配列を操作するカスタム アルゴリズムの記述
  • tall 配列: 関数 conv2wordcloudgroupsummary など、より多くの関数が tall 配列に対応
  • 関数 rmoutliers: 配列、table、timetable の外れ値を削除
  • 関数 islocalmin/islocalmax: プロミネンス計算用のデータの範囲を指定
  • table/timetable メタデータ: 各変数のカスタムメタデータを保存
  • timetable データ型: 定期的なタイムステップを持つ行時間を格納する際にメモリを保存

アプリの作成

  • App Designer: App Designer キャンバスで日付選択コンポーネントを追加して構成
  • 関数 uigridlayout: グリッド レイアウト マネージャーを使ってアプリレイアウトを構成
  • スクロールコンテナー: 図、パネル、タブ、およびボタン グループ コンテナーのスクロールを有効化
  • 図の対話式操作: 関数 uifigure で作成された Figure を使用して、マウスおよびキーボードのカスタムの対話式操作を備えたアプリを作成
  • ツールヒント: アプリ内の UI コンポーネントのカスタムツールヒントを作成
  • Web アプリの展開: 関数 uigetfileuiputfile を使って、展開された Web アプリ内のファイルにアクセス

パフォーマンス

  • スタートアップ: MATLAB スタートアップ速度のスピードアップ
  • 実行エンジン: コロン演算子を使用した場合の大きな配列へのインデックス付けのパフォーマンスが向上
  • 実行エンジン: 組み込み関数の呼び出しが高速化
  • ライブエディター: ライブスクリプトの新規作成と既存のライブスクリプトのオープンがより高速に
  • 列挙値: 列挙値での関数 set のパフォーマンスが向上

ハードウェアサポート

  • MATLAB Online: MATLAB Online からの Raspberry Pi ハードウェアボードとの通信
  • iPhone および Android センサー: デバイスがネットワークにアクセスできないときにセンサーデータを取得
  • iPhone および Android センサー: デバイスから MATLAB Drive にセンサーログをアップロード

高度なソフトウェア開発

  • Python インターフェイス: MATLAB と Python の間で多次元数値または論理配列を渡す
  • C++ MEX API: C++ API を使って、MEX ファイル内から非同期で MATLAB を呼び出し
  • ユニットテスト フレームワーク: さらに多くのプラグインと高度なスケジューリングによってテストを並列実行
  • パフォーマンス テスト フレームワーク: TestCase.keepMeasuring メソッドで高速なコードの実行時間をより正確に測定

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • ライブエディター: リッチテキストのドキュメンテーション (方程式や画像を含む) を使用してライブ関数を作成
  • ライブエディター: ライブ関数とスクリプトのデバッグ
  • ライブエディター: スライダーとドロップダウンリストを追加し、ライブスクリプトで変数値を制御
  • ライブエディター: テーブルデータを対話的に並べ替え
  • ライブエディター: 目次の作成と書式設定されたコード例の追加
  • ライブエディター: コードの矩形領域を選択して編集
  • アドオン エクスプローラー: カテゴリ別に参照し、便利で有用なアドオンを検索

数学

  • graph/digraph オブジェクト: 2 つのノード間で複数のエッジをもつ多重グラフの処理
  • GraphPlot オブジェクト: レイアウト用追加オプション 'force''force3''circle' を使ってグラフを可視化
  • polyshape オブジェクト: 関数 turningdistnearestvertexoverlaps を使ってポリゴンを解析
  • 関数 polybuffer: 点または線の周囲でバッファを作成

グラフィックス

  • Axes オブジェクト: 改善されたレイアウト、範囲選択、フォントスケーリングを使用して小サイズで軸を表示
  • Axes オブジェクト: 線形または対数スケールを使って、データ値をカラーマップにマッピング
  • 凡例オブジェクト: 複数の列を含む凡例を作成
  • 関数 heatmap: データのズームとパン、データのヒント表示、対話形式による行と列の並べ替え
  • 関数 geobubble: 対話的なデータのヒントとスケールバーによるデータ検索

データのインポートとエクスポート

  • 関数 readtable: インポートオプションを使って、テキストファイルから読み取る行の数を指定
  • 関数 readtable: インポートオプションを使って、データのプレフィックスとサフィックスを簡単に管理
  • 関数 preview: テーブル全体をインポートせず、ファイル内のテーブルの最初の 8 行をプレビュー
  • 関数 imageDatastore: メモリ使用量とパフォーマンスの改善により大量の画像を処理
  • 関数 VideoReader: すべてのプラットフォームでのビデオファイルの読み取りを高速化

データ解析

  • 関数 groupsummary: table および timetable 変数の要約処理向けにデータをグループ化および離散化
  • table/timetable 変数: 関数 addvarsremovevarsmovevarssplitvarsmergevars、rows2vars、inner2outer を使用して列指向変数を追加、削除、再配列
  • table および timetable の事前割り当て: サイズとデータ型が指定されるように table および timetable 変数を初期化
  • 規則的な timetable: タイムステップとサンプリングレートを使用して等間隔の timetable を作成
  • 関数 retime/synchronize: 指定するタイムステップまたはサンプリングレートに合わせて timetable を同期
  • duration 配列: 経過時間を表すテキストから duration 配列を作成
  • 関数 normalize: 配列、table、timetable データを正規化
  • tall 配列: 関数 smoothdatafindisoutlier など、より多くの関数が tall 配列に対応

アプリの作成

  • App Designer: MATLAB Compiler を使って、展開する Web アプリを作成
  • App Designer: App Designer キャンバスでツリーコンポーネントを追加および構成
  • アプリ テスト フレームワーク: App Designer アプリ用の自動テストを作成
  • figure オブジェクト: プログラムにより Figure を最大化/最小化
  • 関数 uitable: table 配列としてデータを指定
  • 関数 uidatepicker: 日付選択コントロールをアプリに追加
  • 関数 uiprogressdlg: モーダルのアプリ内進行状況ダイアログボックスをアプリに作成

パフォーマンス

  • スタートアップ: MATLAB スタートアップ速度のスピードアップ
  • 実行エンジン: スカラー演算のループ処理を高速化
  • 実行エンジン: 一般的なプログラミングパターンのパフォーマンスが向上

ハードウェアサポート

  • Raspberry Pi: Raspberry Pi Zero W ボードのサポート
  • MATLAB Online: MATLAB Online で USB Web カメラからライブ画像を取得

高度なソフトウェア開発

  • タブ補完機能: カスタムのタブ補完機能やその他のコンテキストに応じた修正候補の関数構文を記述
  • ユニットテスト フレームワーク: MATLAB Editor ツールストリップからテストを実行
  • アプリ テスト フレームワーク: App Designer アプリ用の自動テストを作成
  • matlab.net.http パッケージ: Web サービスからデータをストリーミングし、フォームと multipart メッセージを処理
  • C++ MEX インターフェイス: C++ から MATLAB データとオブジェクトに簡単アクセス

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • ライブエディター: 引数やプロパティ値、代替構文の自動表示されるコンテキストヒントを使って MATLAB コマンドを記述
  • ライブエディター: ライブ スクリプトの LaTeX 形式でのエクスポート
  • ライブエディター: PDF 出力で高解像度プロットを表示
  • ライブエディター: テキスト、方程式、画像の水平揃え
  • ドキュメンテーション: Web ブラウザーでライブエディターを使って MATLAB オンライン ドキュメンテーションの例を開き、編集、実行
  • MATLAB Drive: どこからでもファイルを保管、アクセス、管理
  • アドオンマネージャー: アドオンの有効化と無効化によって、MATLAB 環境をカスタマイズ
  • アドオンマネージャー: 並べ替えと検索によるインストール済みアドオン検出の高速化
  • ツールボックスのパッケージ化: ライブ スクリプト テンプレートからツールボックスの入門ガイドを作成
  • ツールボックスのパッケージ化: パッケージ化の際にツールボックスを File Exchange で直接共有

言語およびプログラミング

  • コードの互換性レポート: 新しい MATLAB リリース用にコードを更新するために役立つレポートを生成

数学

  • decomposition オブジェクト: 線形システムを繰り返し短時間で解く
  • 関数 lsqminnorm: 劣決定の線形システムの最小ノルム解を見つける
  • 関数 dissect: 入れ子分解の順序を使ってスパース行列の列を並べ替え
  • 関数 vecnorm: 配列のベクトル単位のノルムを計算
  • polyshape オブジェクト: 2D 多角形の作成、解析、および可視化

グラフィックス

  • 関数 geobubble: データ値に合わせてサイズと色が変化するバブルを使用して対話型のマップを作成
  • 関数 wordcloud: 語句を頻度やカスタムのサイズデータに基づいて異なるサイズで表示
  • 関数 binscatter: ビンのサイズを動的に調整してデータ密度を可視化
  • tall 配列のサポート: plotscatterbinscatter を使って、メモリに収まらないデータを可視化
  • 関数 heatmap: heatmap の行と列の並べ替えおよびカスタムラベルの使用
  • 関数 bar: 個々のバーの色を制御

データのインポートとエクスポート

  • カスタムデータストア: カスタマイズしたデータストアを構築
  • 関数 datastore: Windows Azure BLOB ストレージに保存したデータを処理

データ解析

  • 関数 ischange: データの急激な変化を検出
  • 関数 islocalmin/islocalmax: データの局所的な最小値および最大値を検出
  • 関数 rescale: データを指定範囲にスケーリング
  • tall 配列: 関数 fillmissingfiltermedianpolyfitsynchronize など、より多くの関数が tall 配列に対応
  • timetable データコンテナー:VariableContinuity プロパティを使って、timetable の各変数に連続データと離散データのどちらを含めるかを指定

アプリの作成

  • App Designer: さまざまな 2D および 3D のプロットを使用したアプリを作成
  • App Designer: コンポーネント ライブラリからアプリにメニューを追加
  • App Designer: アプリの実行時に入力引数を指定
  • App Designer: アプリのパッケージ化とコンパイル用に概要、説明、スクリーンショットを追加
  • 関数 uitree/uitreenode: アプリ内にツリーとツリーノードを作成
  • 関数 uiconfirm: モーダルのアプリ内確認ダイアログボックスを作成
  • ツールボックスのパッケージ化: ツールボックスのインストール時に App Designer アプリをアプリギャラリーに追加
  • MATLAB Online: MATLAB Online で App Designer を実行

パフォーマンス

  • App Designer: アプリの読み込み速度の改善
  • 実行エンジン: AVX2 対応 CPU におけるベクトル演算のパフォーマンスを改善
  • ライブエディター: ループを使用したライブスクリプト実行速度を改善

ハードウェアサポート

  • Arduino: 低コストの Bluetooth アダプターを使用して Arduino ボードに無線接続
  • Arduino セットアップ UI: Arduino ボードの接続を USB、Bluetooth、または WiFi 経由でセットアップ
  • Arduino プラグイン検出: 対応する Arduino ボードの差し込み時に利用可能な Arduino サポートおよび例を検索

高度なソフトウェア開発

  • C++ 向け MATLAB エンジン API: オブジェクト指向プログラミングのサポートと非同期実行を備えた C++ プログラムから MATLAB コードを実行
  • C++ 向け MATLAB エンジン API: MATLAB データ配列を使用して C++ プログラムと MATLAB の間でデータをやり取り
  • Java SE 8: MATLAB サポート。Java の新機能のセキュリティやアクセスを強化
  • MinGW 5.3: MATLAB サポート
  • Microsoft Visual Studio 2017: Microsoft Visual Studio 2017 の Community、Professional、および Enterprise エディションの MATLAB サポート
  • Python バージョン 3.6: MATLAB サポート
  • MATLAB ハンドル クラス メソッド: リスナーをソースオブジェクトにバインドせずにイベントのリスナーを追加
  • ユニットテスト フレームワーク: Cobertura 形式のコード カバレッジ レポートの提供による継続的インテグレーションのワークフローの改善

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • ライブエディター: タイトル、ラベル、凡例、およびその他の注釈を含む Figure を対話的に編集
  • ライブエディター: コマンドおよび変数を誤入力した場合に修正候補を取得
  • ライブエディター: 他のアプリケーションにライブスクリプトの出力をコピー
  • ライブエディター: 変数上にカーソルを合わせて現在の値を表示
  • アドオン エクスプローラー: GitHub 上でホスティングされている File Exchange の公開アドオンをアドオン エクスプローラーから探してインストール
  • MATLAB Online: Web ブラウザーから MATLAB にアクセス

言語およびプログラミング

  • string 配列: 二重引用符を使用して string 配列を作成
  • 関数 missing: コアデータ型 (doubledatetime、categorical およびstring 配列 など) で欠損値を代入
  • 関数 issortedrows: 行列およびテーブルの行が並べ替えられているかを判別
  • 関数 sort/sortrows: 複素数の並べ替えや、欠損している要素の配置を行うオプションを指定
  • 関数 issorted: 単調、厳密な単調、厳密な昇順、厳密な降順のオプションで並べ替え順序をクエリ

グラフィックス

  • 関数 heatmap: テーブルまたは行列データをヒートマップとして可視化
  • 関数 legend: 座標軸にデータを追加または削除すると更新される凡例を作成
  • カテゴリカルプロット: 一般的なプロット関数での categorical データの使用と、カテゴリカルルーラーによる座標軸のカスタマイズ
  • 関数 histogram: 日時および期間データのヒストグラムをプロット

データのインポートとエクスポート

  • 関数 datastore/tabularTextDatastore: テキストファイルに含まれる日時データを自動検出して返す
  • インポートツール: 文字列とカテゴリカル配列を対話的にインポート
  • 関数 detectImportOptions: 固定幅テキストファイルの読み込みプロパティを制御
  • RESTful Web サービス: webreadwebwritewebsave での PUT および DELETE HTTP メソッドのサポート

データ解析

  • tall 配列: 関数 ismembersortconv、移動統計関数など、より多くの関数が tall 配列に対応
  • 関数 isoutlier/filloutliers: 配列または table で外れ値を検出して置換
  • 関数 smoothdata: フィルタリングまたは局所回帰により、配列または table でノイズを含むデータを平滑化
  • 関数 summary: table および timetable で要約統計および変数情報を計算
  • 関数 movmad/movprod: 移動中央絶対偏差および配列の移動積を計算
  • 関数 bounds: 配列の最小および最大の要素を同時に判別
  • 関数 fillmissing: 移動平均または移動中央値オプションを使って、配列またはテーブルの欠損データを置換

アプリの作成

  • App Designer: 対話形式のチュートリアルを使用したアプリ作成の学習
  • App Designer: プロットのズームとパン
  • App Designer: テーブルの列が自動的にテーブルの全幅に合うように構成
  • App Designer: 基本設定ダイアログボックスを使って、設計時の共通設定を管理

パフォーマンス

  • 実行エンジン: MATLAB オブジェクト プロパティの設定のパフォーマンスを改善
  • 関数 save: 一部のストレージデバイスにおいて MAT v7.3 ファイルを圧縮なしで保存することでパフォーマンスを改善
  • 関数 memoize: 同じ入力で呼び出された場合に再実行されないように、関数の結果をキャッシュ
  • スクリプト: スクリプトの負荷を抑えてパフォーマンスを改善
  • try, catch ブロック: 実行負荷を抑えて、try ブロックのパフォーマンスを改善

ハードウェアサポート

  • Arduino: 直交エンコーダーから読み取る
  • Arduino: Wi-Fi 経由で Arduino MKR1000 ボードに無線接続

高度なソフトウェア開発

  • オブジェクト プロパティ: 型やサイズ、形状、またはその他のパラメーターでオブジェクト プロパティの値の妥当性を確認
  • 模擬フレームワーク:依存コンポーネントの動作の模倣によって、システムの一部を切り離してテスト
  • ユニットテスト フレームワーク: TestReportPlugin を使ってテスト中に生成されたスクリーンショットおよび Figure をキャプチャ
  • ユニットテスト フレームワーク: 関数 runtests を debug、strict、および verbosity オプションで制御
  • パフォーマンス テスト フレームワーク: sampleSummary メソッドを使って、テスト測定の統計を表示

詳細については、リリース ノートをご覧ください。