Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

製品の説明

Internet of Things (IoT) は、広範な組み込みデバイスや Web サービスへのアクセスを提供します。ThingSpeak は IoT プラットフォームであり、Arduino®、Raspberry Pi™、BeagleBone Black などのセンサーやアクチュエータのデータについて、収集、保存、解析、可視化、および操作ができます。たとえば、ThingSpeak™ を使用して、センサーのログ記録アプリケーション、位置追跡アプリケーション、およびステータス更新を行うモノのソーシャル ネットワークを作成できます。これにより、ユーザーの現在地に基づいて家庭用サーモスタットを自己制御することができます。

ThingSpeak はデータ収集および解析用の IoT プラットフォームとして機能し、データを収集する温度センサーや圧力センサーなどのエッジ ノード デバイスと、データを解析するデータ調査解析ソフトウェアとをつなぐブリッジとしての役割りを果たします。ThingSpeak はデータ コレクターとして機能し、エッジ ノードデバイスからデータを収集し、さらに履歴解析のためのソフトウェア環境内へのデータのプルを可能にします。

ThingSpeak アクティビティの主要な要素は "チャネル" であり、そこにはデータ フィールド、位置フィールド、ステータス フィールドが含まれています。ThingSpeak チャネルを作成した後は、チャネルにデータを書き込み、MATLAB® コードでデータを処理および表示し、ツイートや他のアラートを使ってデータに反応することができます。通常の ThingSpeak のワークフローでは、次のことができます。

  1. チャネルの作成とデータの収集

  2. データの解析可視化

  3. 複数のアプリのうちのいずれかを使用した、データに対するアクションの実行