ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

triu

シンボリック行列の上三角部分を返す

構文

triu(A)
triu(A,k)

説明

triu(A) は、行列 A の上部を保持した三角行列を返します。結果の行列の下三角には 0 が埋め込まれます。

triu(A,k) は、A のうちの、k 番目の対角以上の要素を保持した行列を返します。k 番目の対角より下の要素は 0 になります。値 k = 0k > 0k < 0 は、それぞれ主対角、上対角、下対角に対応します。

シンボリック行列の上三角部分

元のシンボリック行列の上三角部分のみを保持した行列を表示します。

syms a b c
A = [a b c; 1 2 3; a + 1 b + 2 c + 3];
triu(A)
ans =
[ a, b,     c]
[ 0, 2,     3]
[ 0, 0, c + 3]

指定された上対角要素以上の三角行列

元のシンボリック行列のうちの 1 番目の上対角要素以上を保持した行列を表示します。

syms a b c
A = [a b c; 1 2 3; a + 1 b + 2 c + 3];
triu(A, 1)
ans =
[ 0, b, c]
[ 0, 0, 3]
[ 0, 0, 0]

指定された下対角要素以上の三角行列

元のシンボリック行列のうちの 1 番目の下対角要素以上を保持した行列を表示します。

syms a b c
A = [a b c; 1 2 3; a + 1 b + 2 c + 3];
triu(A, -1)
ans =
[ a,     b,     c]
[ 1,     2,     3]
[ 0, b + 2, c + 3]

入力引数

すべて折りたたむ

入力。数値行列またはシンボリック行列として指定します。

対角。数値またはシンボリック数として指定します。

参考

|

R2006a より前に導入