Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rand

クラス: qrandstream

ストリームからの準乱数の生成

構文

rand
rand(q,n)
rand(q)
rand(q,m,n)
rand(q,[m,n])
rand(q,m,n,p,...)
rand(q,[m,n,p,...])

説明

rand は、準乱数値の行列を返します。これは、qrandstream クラスのオブジェクトを、MATLAB® 疑似ランダム randstream クラスの rand メソッドの呼び出しを含むコードで使用できるようにすることを目的としています。準乱数の多次元という性質のため、rand の一部の構文だけが qrandstream クラスによってサポートされています。

rand(q,n) は、n が次元数と等しい場合にのみ nn 列の行列を返します。他の n 値はすべてエラーとなります。

rand(q) は、ストリームが 1 次元の場合にのみスカラーを返します。q が 1 次元より大きい場合はエラーになります。

rand(q,m,n) または rand(q,[m,n]) は、n がストリームの次元数と等しい場合にのみ mn 列の行列を返します。他の n 値はすべてエラーとなります。

rand(q,m,n,p,...) または rand(q,[m,n,p,...]) は、p とそれ以降のすべての次元サイズが 1 と等しくない限り、エラーを返します。

5 次元ソボル列の最初の 256 点を生成します。

q = qrandstream('sobol',5);
X = rand(q,256,5);