Main Content

Stateflow 入門

無料の自己学習形式の対話型 Stateflow コース

説明

Stateflow® 入門は、Stateflow を始めるときに役立つ無料の自己学習形式の対話型コースです。

Stateflow 入門を完了すると、Stateflow 環境を使用して、実際の例に基づいた Stateflow チャートを作成できるようになります。

Stateflow 入門では、以下について説明します。

  • Stateflow チャートを使用したステート マシンのモデル化。

  • Stateflow のシンボルとデータの使用。

  • アクションによるチャートの実行の制御。

  • Simulink® での Stateflow チャートのシミュレーション。

  • 一般的なロジック パターンのモデル化のためのフロー チャートの作成。

  • 関数を使用したチャートの読みやすさの向上とコードの再利用。

  • 階層を使用したチャートの整理。

Stateflow 入門では、概念を段階的に学習できるように、ロボット掃除機などの実際の例を用いたタスクを使用します。タスクを送信した後に、自動化された評価とフィードバックが送られてきます。コースを終了するときに進行状況が保存されるため、複数のセッションに分けてコースを修了することができます。

Stateflow Onramp describes the task, displays an interactive model, and assesses whether the model matches the requirements set by the training.

Stateflow 入門 を開く

  • Simulink スタート ページ: [学ぶ] タブで、[Stateflow 入門] をポイントすると表示される [起動] ボタンをクリックします。

  • Stateflow チャート: クイック アクセス ツール バーで [ヘルプ][Stateflow の学習] をクリックします。

  • MATLAB® コマンド ウィンドウ: 「learning.simulink.launchOnramp("stateflow")」と入力します。

メモ

Stateflow のライセンスがない場合は、自己学習形式のオンラインコースでコースを受講できます。

バージョン履歴

R2019b で導入