Main Content

マルチボディ モデルのコードの生成

この例では、単純な Simscape™ Multibody™ モデルの C コードを構成し、生成する方法を説明します。この例は、sm_four_bar という名前の 4 節リンク機構モデルを基にしています。モデルは可変ステップ ソルバー [ode45 (Dormand-Prince)] を使用しているため、コードの生成には rsim ターゲットが必要です。

  1. MATLAB® コマンド プロンプトで「sm_four_bar」と入力します。

    MATLAB ソフトウェアで 4 節リンク機構のモデル例が開きます。任意のフォルダーに別の名前でモデルを保存します。

  2. [モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックします。

    [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウでは、コード生成ターゲットを指定し、モデルのコード生成レポート オプションを設定することができます。

  3. [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウの [コード生成] ノードで、[システム ターゲット ファイル] パラメーターを rsim.tlc に設定します。

    rsim.tlc ターゲット ファイルは、可変ステップ ソルバーをもつ Simscape Multibody モデルに対応しています。

  4. [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウの [コード生成][レポート] ノードで、[コード生成レポートを作成] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。

    モデルをビルドする際に、MATLAB ソフトウェアによってコード生成レポートが作成されて開かれます。

  5. [アプリ] タブで、[Simulink Coder] をクリックします。

    Simulink® Coder™ ソフトウェアによって 4 節リンク機構モデルの C コードが生成されます。モデルのコード生成レポートが開き、生成されたコードとデータ ファイルのリストが表示されます。

関連するトピック