Main Content

[解析フィルター] ビューアーを使用したオブジェクティブのフィルター処理

設計エラー検出またはテスト生成解析からのモデル オブジェクトおよびコード式のフィルター処理により、Simulink® Design Verifier™ 解析のオブジェクトのサブセットに集中できます。解析に長時間かかるモデル オブジェクトがある場合や、コードベースの解析で固有のオブジェクティブに集中する場合にフィルターを使用します。

カバレッジ フィルター ファイルを追加できます。[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウを開き、[Design Verifier] をクリックし、[詳細設定パラメーター]フィルターを基にオブジェクティブを無視するを選択します。[フィルター ファイル] パラメーターでカバレッジ フィルター ファイルを入力します。カバレッジ フィルター ファイルの詳細については、カバレッジ フィルターの作成と使用 (Simulink Coverage)を参照してください。コードベースの解析で [Design Verifier] オブジェクティブをフィルターして、コードベースの結果をモベルベースの結果に合わせることもできます。

設計エラー検出またはテスト生成解析を実行してから、[解析フィルター] ビューアーを使用して、反証されたオブジェクティブを正当化できます。[解析フィルター] ビューアーを使用してカバレッジ フィルターを編集する場合、Simulink Design Verifier レポートを更新し、モデルを再度解析せずに解析結果をモデルで強調表示できます。オブジェクティブをフィルター処理する方法の詳細な例については、設計エラー検出のためのオブジェクティブの除外と正当化を参照してください。

解析フィルター ビューアーを使用したカバレッジ フィルター ファイルの編集

モデルの解析後、[解析フィルター] ビューアーを使用して、反証されたオブジェクティブを正当化し、カバレッジ フィルター ファイルを更新します。

[検証結果の概要] ウィンドウまたは結果インスペクター ウィンドウから [解析フィルター] ビューアーを開きます。

  • [検証結果の概要] ウィンドウで、[フィルター ビューアーを開く] をクリックします。

  • 結果インスペクター ウィンドウで、次のようにします。

    • 正当化済みオブジェクティブを確認するには、[表示] をクリックします。

    • エラーとなるオブジェクティブを正当化するには、[正当化] をクリックします。

[解析フィルター] ビューアーでは以下のことが可能です。

  • 解析のためのフィルターの規則を確認および管理する。

  • モデルでの解析フィルター ファイルを読み込みまたは保存する。

  • モデルにアクセスしてフィルターの規則を追加作成する。

  • オブジェクティブまたはモデル オブジェクトあるいはコード式が除外または正当化される理由に関する根拠の説明を追加する。

タスクアクション

規則に関連付けられているモデル オブジェクトにアクセスする。

メモ

この手順はモデル オブジェクティブ解析でのみ有効です。

  1. 規則を選択します。

  2. [モデル内に表示] をクリックします。モデル オブジェクトは青で強調表示されます。

規則を削除する。

  1. 規則を選択します。

  2. [ルールの削除] をクリックします。

現在の規則をファイルに保存する。

  1. [適用] をクリックします。

  2. [フィルターの保存] をクリックします。

  3. フィルター ファイルのファイル名とフォルダーを指定して、[保存] をクリックします。

既存のカバレッジ フィルター ファイルを読み込む。

  1. [フィルターの読み込み] をクリックします。

  2. フィルター ファイルに移動して、[開く] をクリックします。

モデルを強調表示し、現在のフィルターの規則を使用して現在の解析レポートを更新する。

  1. 行った変更に関して、[適用] または [元に戻す] をクリックします。

    モデルは更新されたフィルターの規則に基づいて強調表示されます。

  2. [検証結果の概要] ウィンドウまたは結果インスペクター ウィンドウで、[HTML] または [PDF] をクリックします。

制限

Simulink Design Verifier では、プロパティ証明解析に関連付けられたオブジェクティブのフィルター処理はサポートされません。

関連するトピック