Main Content

Stateflow チャートのモデル カバレッジ表示

Simulink® Coverage™ は、Stateflow® チャートに個々のブロックのモデル カバレッジ結果を直接表示します。カバレッジを有効にしてモデルをシミュレートすると、モデルには以下が表示されます。

  • シミュレーション時にモデル カバレッジの対象となる Stateflow 要素の強調表示

  • 各オブジェクトのモデル カバレッジ情報概要の、コンテキストに応じた表示

カバレッジの強調表示有効化の詳細については、カバレッジの強調表示の有効化を参照してください。

モデル カラーリングによるモデル カバレッジの表示

カバレッジを有効にし、[実行] ボタンを使ってモデルをシミュレートすると、モデルでは、カバレッジ対象の個々の Stateflow 要素が強調表示されます。sim を使用してモデルを実行した場合、既定では、モデルでカバレッジ結果は表示されません。この場合、cvmodelview を使用してモデルの強調表示を確認できます。

  1. ローカル イベントを使用して Simulink ブロックとしてチャートをシミュレート (Stateflow)から sf_car モデルを開きます。

  2. [モデル化] タブで、[モデル設定] をクリックします。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインで、[カバレッジ解析を有効にする] を選択します。

  4. [カバレッジ メトリクス] 節で、[構造カバレッジ レベル][改良条件判定カバレッジ (MCDC)] に設定します。

  5. [OK] をクリックします。

  6. [実行 (カバレッジ)] ボタンをクリックしてモデルをシミュレートします。

  7. shift_logic Stateflow チャートを開きます。

    シミュレーションが終了すると、カバレッジ用に解析されたチャート オブジェクトがモデルで強調表示されます。

    カバレッジ解析の完全性が色で示されます。

    • フル カバレッジは緑色の境界線

    • 部分カバレッジまたは未達カバレッジは赤色の境界線

    • カバレッジ用に解析されていない要素は薄いグレー

実行可能コードと条件付き遷移を含むステートは、どの結果が達成されたかに基づいて、テキストを詳細に色分けして表示します。緑色は達成された結果を示し、赤色は達成されていない結果を示します。たとえば、以下のチャートについて考えます。

The chart is named State 1. The entry condition is [if (a > 0) && (b > 0)]. The condition b>0 is colored red and the rest of the expression is colored green. The state itself is outlined red.

この例では、if ステートメントは真と偽の両方に評価されたため、判定フル カバレッジをもちます。ステートメント内で、条件 a > 0 は真と偽の両方に評価されたため、条件フル カバレッジをもちます。ただし、条件 b > 0 は真と評価され、偽とは評価されないため、部分的な条件カバレッジのみをもちます。

C および MATLAB® の両方をアクション言語として使用するチャートと遷移について、テキストが詳細に色分けされて表示されます。