Main Content

Stateflow 真理値表のモデル カバレッジ

Stateflow 真理値表のカバレッジのタイプ

Simulink® Coverage™ は、シミュレーション時に Stateflow® チャートでオブジェクトによって実行された判定のモデル カバレッジをレポートします。このレポートには、真理値表関数によって実行された判定のカバレッジが含まれます。

真理値表のタイプレポートに含まれるカバレッジ データのタイプ
Stateflow Classic

条件のみ。

MATLAB®

条件と、判定点を持つアクションのみ。

メモ

コード生成に対応する MATLAB のアクション言語では、ループや switch ステートメントなど、制御フロー構造体を使用してアクションの判定点を指定できます。

メモ

Stateflow 真理値表のモデル カバレッジ データを測定するには、Stateflow ライセンスがなければなりません。Stateflow 真理値表の詳細については、再利用可能なサブシステムおよび Stateflow® 構造の累積カバレッジの取得を参照してください。

Stateflow 真理値表のカバレッジの解析

Stateflow ライセンスがある場合は、真理値表のモデル カバレッジ レポートを生成できます。

以下のモデルを考えます。

Stateflow チャートには次のような真理値表があります。

モデルのシミュレーションを実行してカバレッジを収集すると、モデル カバレッジ レポートには次のようなデータが表示されます。

[カバレッジ (このオブジェクト)] 列には、カバレッジが表示されません。その理由は、真理値表関数のコンテナー オブジェクト (Stateflow チャート) が、ttable 真理値表を実行するかどうか判定しないからです。

[カバレッジ (子を含む)] 列には、真理値表の内容のカバレッジが表示されます。[カバレッジ (子を含む)] 列の子孫のカバレッジには、真理値表で表される論理式の条件と判定に対するカバレッジが含まれています。

ttable 真理値表の判定とその個別条件に対するカバレッジは、以下のとおりです。

カバレッジ説明

既定の判定 [D4] に対するモデル カバレッジなし

既定の判定を導くロジックはすべて、前述の判定すべてが偽であるという結論に基づいています。これは、既定の判定でロジックが不要であるため、モデル カバレッジが存在しないことを意味します。

17% (1/6) の判定カバレッジ

真理値表への入力値である 3 つの定数 (100) によって、判定 D1 のみが真になります。これらの入力値は、6 つの判定 ([D1][D3]T または F) のいずれか 1 つのみを満たします。

各条件の結果値は T または F であるため、3 つの条件で有効な値は 6 つになります。

17% (3/18) の条件カバレッジ

3 つの判定 D1D2 および D3 には、条件カバレッジがあります。これは、入力値セット (100) によって判定 D1 のみが真とされるからです。

0% (0/9) の MCDC カバレッジ

MCDC カバレッジは、条件結果が T から F または F から T に変化したことが原因で反転した判定を検出します。シミュレーションでは、1 つの入力値セットのみがテストされるため、モデルは判定を反転しません。

未達カバレッジ

赤い文字 TF は、これらの条件に対してモデル カバレッジが欠落していることを示しています。判定 [D1] では、T 判定のみが満たされます。判定 [D2][D3] および [D4] では、どの条件も満たされません。