Main Content

Stateflow Atomic サブチャートのモデル カバレッジ

Stateflow® チャートでは、Atomic サブチャートは複数のチャートおよびモデル間で同じステートまたはサブチャートを再利用するためのグラフィカル オブジェクトです。

シミュレーション時にモデルのカバレッジ データを記録するように指定すると、Simulink® Coverage™ によりモデル内のすべての Atomic サブチャートに対するカバレッジが記録されます。カバレッジ データには、チャート自体の実行と、ステート、遷移判定および Atomic サブチャートの各判定を構成する個別の条件の実行が記録されます。

sf_atomic_iodata_fixed モデル例のシミュレーションを実行し、判定カバレッジを記録します。

  1. Stateflow の例 「Atomic サブチャートの入力データおよび出力データのマッピング」 を開きます。

    openExample('stateflow/AtomicSubchartInOutDataExample');

    sf_atomic_iodata_fixed モデルを開きます。

    open_system('sf_atomic_iodata_fixed')

    このモデルには、Stateflow チャートに入力信号を与える 2 つの Sine Wave ブロックがあります。このチャートには A と B の 2 つの Atomic サブチャートがあり、A という名前の同じライブラリ チャートからリンクされています。このライブラリ チャートには次のオブジェクトが含まれています。

  2. Simulink エディターの [モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [カバレッジ] ペインを選択します。

  3. [カバレッジ解析を有効にする] を選択して、[システム全体] を選択します。

  4. [OK] をクリックして、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを閉じます。

  5. [実行] ボタンをクリックして sf_atomic_iodata_fixed モデルをシミュレートします。

    シミュレーションが完了すると、カバレッジ レポートが開きます。

このレポートには、Atomic サブチャート A および B のカバレッジ データが次の形式で表示されます。

  • Atomic サブチャート インスタンスとその内容の場合。このチャートには明示的なトリガーがないので、判定カバレッジは適用不可 (NA) です。

  • ライブラリ チャート A とその内容の場合。チャート自体のカバレッジは、入力 u1 では 100% で、ライブラリ チャート内のステートと遷移では 88% です。

    Atomic サブチャート B は同じライブラリ チャート A のコピーです。サブチャート B の内容のカバレッジは、サブチャート A の内容のカバレッジと等しくなります。