Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

メトリクス ダッシュボードを使用したモデリング クローンの特定

メトリクス ダッシュボード ツールを使用して、モデルの階層構造全体でクローンを特定することにより、サブシステムの再利用をしやすくできます。クローンとは、同一の MATLAB Function ブロック、同一の Stateflow チャート、および同一のブロック タイプと接続をもつサブシステムです。クローンではパラメーター設定と値は異なってもかまいません。クローンをライブラリ ブロックへのリンクに置き換えるには、メトリクス ダッシュボードからクローン検出器アプリを開きます。

クローンの特定

モデル例 ex_clone_detection を開くには、ディレクトリを matlabroot\help\toolbox\simulink\examples フォルダーに変更します。MATLAB コマンド ラインで、次のように入力します。

cd(fullfile(docroot, 'toolbox','simulink','examples'));

  1. ローカルの作業フォルダーに ex_clone_detection.slx モデルを保存します。

  2. [アプリ] タブでメトリクス ダッシュボードをクリックします。

  3. メトリクス ダッシュボードで、[すべてのメトリクス] をクリックします。

  4. [アーキテクチャ] セクションの [可能な再利用] 行の黄色のバーは、モデルにクローンが含まれることを示しています。パーセンテージは、クローンである Stateflow チャートおよび MATLAB Function ブロックを含むサブシステムの合計数の割合を示します。詳細を表示するには、黄色の棒をクリックします。

モデルには 3 つのクローン グループが含まれています。SS1 および SS4 はクローン グループ 1 の一部です。SS3 および SS5 はクローン グループ 2 の一部です。SS6 および SS7 はクローン グループ 3 の一部です。

クローンのライブラリ ブロックのリンクへの置き換え

  1. クローンをライブラリ ブロックへのリンクに置き換えるには、[変換ツールを開く] をクリックしてクローン検出器アプリを開きます。クローン検出器アプリが開きます。アプリの詳細についてはクローン検出を使用したコンポーネント再利用の有効化を参照してください。

  2. [クローンの検索] をクリックします。アプリでは、[クローン グループをライブラリにマップ] タブの [クローン検出のアクションと結果] ペインに、クローン グループのリストが含まれています。

  3. [クローンの置換] をクリックします。クローン検出器アプリは、クローンをライブラリ ブロックへのリンクに置き換えます。ライブラリ ブロックは [クローンを配置するライブラリ] パラメーターで指定されるライブラリにあります。このパラメーターは [クローン グループをライブラリにマップ] タブにあります。ライブラリは MATLAB パス上に存在します。既定では、newLibraryFile という名前が付いています。

リファクタリング後に、モデルから最新の変更を削除できます。[クローン検出のアクションと結果] ペインの [ログ] タブで、最新のログを開いて [Restore] をクリックします。モデルをリファクタリングするたびに、接頭辞 m2m_ の後にモデル名を付け加えた名前をもつフォルダー内に、ツールによってバックアップ モデルが作成されます。

Simulink Test ライセンスがある場合は、リファクタリングされたモデルと元のモデルの同一性を検証できます。[同一性のチェック] をクリックします。

リファクタリングされたモデルでのモデル メトリクスの実行

  1. [メトリクス ダッシュボード] に移動します。

  2. [すべてのメトリクス] をクリックします。

  3. [アーキテクチャ] セクションの [実際の再利用] 行の青いバーは、モデル コンポーネントの 75% がライブラリ サブシステムへのリンクであることを示しています。[可能な再利用] 行は、モデルにはライブラリ ブロックへのリンクをもたないクローンが含まれていないことを示しています。

関連するトピック