Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル テスト ダッシュボードを使用して要件に基づくテストの品質を評価

モデル テスト ダッシュボードのメトリクスを使用することで、モデルのテスト アクティビティのステータスを評価できます。要件に対してモデルをテストする場合、要件、モデル、テスト ケース、および結果の間のトレーサビリティを維持します。ダッシュボードは、こうしたアーティファクトのステータスと、それらの間のトレーサビリティ関係を追跡するのに役立ちます。ダッシュボードの各メトリクスはテスト アーティファクトの品質の異なる側面を測定し、業界認定のソフトウェア開発標準 (ISO 26262、DO-178C など) のガイドラインを反映しています。詳細については、ISO 26262 に従って要件に基づくテストの完全性を評価を参照してください。

ダッシュボードから、テストに関する問題を特定し、修正できます。ダッシュボードのメトリクスを更新し、テストの準拠性に向けた進行状況を追跡します。

プロジェクトとモデル テスト ダッシュボードを開く

モデル テスト ダッシュボードには、プロジェクト内の各 "ユニット" のトレーサビリティおよびテストのステータスに関するデータが表示されます。ユニットとはソフトウェア アーキテクチャ内の機能エンティティであり、個別に、または大規模なシステム テストの一部として実行およびテストできます。モデル テスト ダッシュボードで、モデルにユニットとしてラベルを付けることができます。ユニットと見なされるモデルを指定しない場合、ダッシュボードでは、他のモデルを参照しないモデルがユニットと見なされます。モデルを使用してアルゴリズムの設計およびテストを行うため、ダッシュボードではプロジェクト内の各モデルが 1 つのユニットを表すと見なされます。

  1. モデルとテスト アーティファクトが含まれるプロジェクトを開きます。この例では、MATLAB® コマンド ラインに「dashboardCCProjectStart('incomplete')」と入力します。

    dashboardCCProjectStart('incomplete')

  2. 次のいずれかの方法を使用してモデル テスト ダッシュボードを開きます。

    • [プロジェクト] タブで、[モデル テスト ダッシュボード] をクリックします。

    • MATLAB コマンド ラインに「modelTestingDashboard」と入力します。

  3. プロジェクトのダッシュボードを最初に開くときに、ダッシュボードはプロジェクト内のアーティファクトを特定し、トレーサビリティ情報を収集しなければなりません。

    Dashboard identifying and tracing models, requirements, tests, and test results

    ダッシュボードは初期トレーサビリティ解析を実行し、インストールで利用可能なメトリクスのメトリクス結果を収集します。すべての MathWorks® メトリクスの結果を収集するには、Simulink® Check™Requirements Toolbox™、および Simulink Test™ のライセンスが必要です。メトリクス結果が収集されている場合、結果の表示に必要なのは Simulink Check のライセンスのみです。

Model Testing Dashboard showing results for unit db_DriverSwRequest

ダッシュボードはプロジェクト内のアーティファクトからモデルへのトレーサビリティ リンクを解析し、[アーティファクト] パネルで選択されているユニットのメトリクス結果をウィジェットに取り込みます。

アーティファクトのトレーサビリティの評価

ダッシュボードは、メトリクス データを収集してレポートするときに、結果のスコープをプロジェクト内の 1 つのユニットに含まれるアーティファクトに設定します。[アーティファクト] パネルを使用して、モデル名で表されたプロジェクト内の各ユニットと、そのユニットまでトレースするアーティファクトを表示します。

  1. [アーティファクト] パネルで、ユニット [db_DriverSwRequest] をクリックします。ダッシュボードのウィジェットには、このユニットのアーティファクトから得られるメトリクス データが取り込まれます。

  2. [アーティファクト] パネルで、ユニットのセクションを展開します。[db_DriverSwRequest] の左側にある矢印をクリックします。ユニットの下のセクションには、ユニットまでトレースする各タイプのアーティアクトが表示されます。

  3. [機能要件] セクションを展開し、[実装済み][上流] セクションを展開します。このユニットは、要件をファイル db_SoftwareReqs.slreqx に実装し、上流の、db_SystemReqs.slreqx のシステムレベルの要件にリンクします。ファイル名の左側にある矢印をクリックし、モデルまでトレースする個々の要件を表示します。

[アーティファクト] パネルでユニットとセクションを調べて、どの要件、テスト ケース、およびテスト結果がプロジェクト内の各ユニットまでトレースするかを確認できます。ダッシュボードがこのトレーサビリティを解析する方法の詳細については、モデル テスト解析用にアーティファクトをユニットまでトレースを参照してください。

ユニットのメトリクス結果の確認

  1. [アーティファクト] パネルで、ユニット [db_DriverSwRequest] をクリックし、[Model Testing] 結果を表示します。ダッシュボードのウィジェットには、このユニットのメトリクス結果が取り込まれます。

  2. ダッシュボードの [テスト ケースの解析] セクションで、[要件を含むテスト] ウィジェットを探します。結果に関する詳細を示すツールヒントを表示するには、ゲージのセクションまたはパーセンテージ結果をポイントします。

    Tests with Requirements widget with tooltip indicating the number of tests that have links to requirements

  3. メトリクス データを詳細に確認するには、個々のメトリクス ウィジェットをクリックします。たとえば、[要件を含むテスト] ウィジェットをクリックし、メトリクスの [Metric Details] を表示します。

    Table in Metric Details with test cases and statuses of whether each test case is linked to requirements

    次の表に、ユニットの各テスト ケース、各テスト ケースが含まれるテスト ファイル、テスト ケースが要件にリンクされているかどうかが示されます。

  4. この表には、テスト ケース Detect long decrement が要件にリンクされていないことが示されています。モデル テスト ダッシュボードを使用してテスト マネージャーでテスト ケースを開くことができます。[アーティファクト] 列で、[Detect long decrement] をクリックします。

  5. モデル テスト ダッシュボードの上部に、[Metric Details] から [Model Testing] の結果に戻る階層リンクがあります。

    Breadcrumb trail buttons at the top of the dashboard tab

    [db_DriverSwRequest] の階層リンク ボタンをクリックして、ユニットの [Model Testing] の結果に戻ります。

ダッシュボード内の任意のウィジェットをクリックして、そのメトリクス結果の詳細を表示できます。アーティファクトを開いてテスト ギャップに対処するには、表内のハイパーリンクを使用します。ダッシュボード内でのデータの使用方法の詳細については、モデル テスト ダッシュボードを使用してテスト アクティビティのステータスと品質を調査を参照してください。

モデル テスト ダッシュボードを使用したプロジェクトのテスト ステータスの追跡

モデル テスト ダッシュボードを使用してテスト アクティビティを追跡するには、要件に基づくテスト アーティファクトをモデル テスト ダッシュボードで解析用に管理で説明されているベスト プラクティスを使用してプロジェクトを設定および維持します。モデルを開発およびテストするときに、ダッシュボードを使用してテスト ギャップを特定し、基となるアーティファクトを修正し、モデルのテストの完了に向けた進行状況を追跡します。モデル テストでのギャップの検出および対処方法の詳細については、要件に基づくテストの問題を修正を参照してください。

参考