ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Simulink プロジェクトの設定

プロジェクトへの作業の編成、起動と終了の自動化、頻繁に実行するタスクの検索、標準のテンプレート設定の再利用

Simulink® プロジェクトは、必要なファイルの検索、ファイルと設定の管理と共有、ソース管理との対話によって、大規模なモデリング プロジェクトを整理します。Simulink プロジェクトとはを参照してください。

関数

すべて展開する

simulinkprojectSimulink プロジェクトを開いてプロジェクト オブジェクトを取得
slproject.create空の Simulink プロジェクトを作成する
Simulink.createFromTemplateテンプレートからのモデルまたはプロジェクトの作成
Simulink.findTemplates指定されたプロパティをもつモデルまたはプロジェクト テンプレートの検索
Simulink.exportToTemplateモデルまたはプロジェクトからテンプレートを作成
slproject.getCurrentProjectsすべての最上位 Simulink プロジェクトのリスト
slproject.loadProjectSimulink プロジェクトを読み込みます。
exportSimulink プロジェクトを zip にエクスポートする
closeSimulink プロジェクトを閉じる
addFileファイルを Simulink プロジェクトに追加します。
addFolderIncludingChildFilesSimulink プロジェクトにフォルダーと子ファイルを追加します
addPathSimulink プロジェクトのパスにフォルダーを追加する
addReference参照プロジェクトを Simulink プロジェクトに追加する
addShortcutショートカットを Simulink プロジェクトに追加する
addShutdownFileプロジェクトにシャットダウン ファイルを追加
addStartupFileプロジェクトに起動ファイルを追加
findFile名前を指定して Simulink プロジェクト ファイルを取得
isLoadedSimulink プロジェクトが読み込まれているかどうかを確認する
reloadSimulink プロジェクトの再読み込み
removeFileSimulink プロジェクトからファイルを削除する
removePathSimulink プロジェクト パスからフォルダーを削除する
removeReferenceフォルダーを Simulink プロジェクト パスに追加する
removeShortcutショートカットを Simulink プロジェクトから削除する
removeShutdownFile​プロジェクトのシャットダウン リストからシャットダウン ファイルを削除
removeStartupFileプロジェクトの起動リストから起動ファイルを削除

例および操作のヒント

プロジェクト作成

フォルダーからの新規プロジェクトの作成

自動プロジェクト作成: フォルダーをプロジェクトに容易に置き換え、ファイル、データ、環境を 1 か所で管理する。

モデルからのプロジェクトの作成

プロジェクトを作成し、モデルおよび依存ファイルを整理します。Simulink はモデルで依存関係の解析を実行し、必要なファイルや、すべての依存関係を含んでいるプロジェクト ルートの場所を特定します。

ファイルのプロジェクトへの追加

[プロジェクト ファイル] ビューにファイルを追加するか、プログラムでファイルを追加します。

アーカイブ プロジェクトから新規プロジェクトを作成する

zip ファイルのアーカイブ プロジェクトから新規プロジェクトを作成します。

テンプレートを使用した新しいプロジェクトの作成

Simulink プロジェクトでは、テンプレートを使用して、標準のプロジェクト構造体を作成し再利用できます。

最近使用したプロジェクトを開く

MATLAB® または Simulink から最新のプロジェクトを開きます。

プロジェクトの詳細、起動フォルダー、派生ファイルのフォルダーの指定

名前、説明、プロジェクト ルート、起動フォルダー、生成されたファイルのフォルダーなどの詳細を表示および編集します。

機体プロジェクトでの Simulink プロジェクト ツールの調査

Simulink サンプル プロジェクトを試しに実行して、各ツールが作業の整理に役立つかどうかを確認します。

起動と終了の自動化

プロジェクトのパスの指定

プロジェクトを開くときまたは閉じるときに、Simulink プロジェクトでパスを自動的に管理できます。

起動タスクの自動化

Simulink プロジェクトで、起動ファイルを使用してプロジェクトの環境を設定できます。

シャットダウン タスクの自動化

Simulink プロジェクトでは、シャットダウン ファイルを使用して、現在のプロジェクトを閉じるときに環境をクリーンアップできます。

頻繁に使用するタスクのショートカット

頻繁に使用するタスクのためのショートカットの作成

Simulink プロジェクトでは、一般的なプロジェクト タスクのショートカットを作成して、重要なファイルや操作を簡単に見つけてアクセスできます。

頻繁に使用するタスクの検索と実行にショートカットを使用

Simulink プロジェクトでは、ショートカットを使用すると、重要なファイルや操作を簡単に見つけてアクセスできます。

プロジェクト テンプレートの作成

標準プロジェクト設定のテンプレートの作成

標準 Simulink プロジェクト設定のスクリプトとファイルを再利用するには、プロジェクトからテンプレートを作成し、テンプレートを編集するか、テンプレート例を確認します。

概念

Simulink プロジェクトとは

Simulink プロジェクトを使用して作業を整理できます。必要なファイルを検索したり、ファイル、設定、ユーザー定義のタスクを管理して共有したり、ソース管理ツールと通信したりすることが可能です。

プロジェクト ショートカットでできること

Simulink プロジェクトでは、ショートカットを使用すると、重要なファイルや操作を簡単に見つけてアクセスできます。

注目の例