Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

コンフィギュレーション参照を使用したコード生成ターゲットの選択

この例では、コンフィギュレーション参照を使用して、個々のモデルを変更せずにモデル参照階層のコード生成ターゲットを選択する方法を説明します。

モデル例を開く

モデル例 slexConfigSetRefExample を開きます。

open_system('slexConfigSetRefExample');

モデル slexConfigSetRefExample のアクティブなコンフィギュレーション セットを開くには、[モデル化] タブで [モデル コンフィギュレーション パラメーター] ボタンをクリックします。

モデルが参照コンフィギュレーションを使用しているため、[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスが開き、参照コンフィギュレーション セットの読み取り専用のビューが表示されます。ダイアログ ボックスの上部の情報では、モデルがデータ ディクショナリ slexConfigSetRefData.sldd にあるコンフィギュレーション セット Reference を使用していることが示されます。この例では、Reference は別のコンフィギュレーション参照である Configuration_ERT を使用します。

モデル エディターで Model ブロック Amplifier を右クリックし、[最上位モデルとして開く] を選択します。

open_system('slexConfigSetRefExample/Amplifier');

このモデルのアクティブなコンフィギュレーション セットを開きます。参照コンフィギュレーションの名前と場所は slexConfigSetRefExample の場合と同じです。

参照コンフィギュレーション セットを開く

コンフィギュレーション セットのパラメーター値を変更して適用する必要がある場合、いずれかの [コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスの上部の [モデル コンフィギュレーション パラメーター] アイコンをクリックして、Configuration_ERT を開き [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで編集します。

ERT ターゲットのコードの生成

参照コンフィギュレーション セットは ERT コード生成用にカスタマイズされています。コードを生成するには Ctrl+B キーを押します。

rtwbuild('slexConfigSetRefExample');
### Starting serial model reference code generation build
### Starting build procedure for: slexConfigSetRefMdlRef
### Successful completion of code generation for: slexConfigSetRefMdlRef
### Starting build procedure for: slexConfigSetRefExample
### Successful completion of code generation for: slexConfigSetRefExample

コード生成が完了すると、コード生成レポートが表示されます。

ターゲットの切り替えと AUTOSAR ターゲットのコード生成

このモデルの場合、AUTOSAR コード生成用にカスタマイズされている別のコンフィギュレーション セット Configuration_AUTOSAR があります。[コンフィギュレーション参照] ダイアログ ボックスの上部の右端にあるドロップダウン リストで、[Configuration_AUTOSAR] を選択します。slexConfigSetREfExample およびその参照モデルである slexConfigSetMdlRef の両方は、コンフィギュレーション セット Configuration_AUTOSAR を使用します。

コンフィギュレーション参照を編集したため、データ ディクショナリには未保存の変更があります。コンフィギュレーションがモデルの外部で保存されているため、モデルには未保存の変更はありません。

AUTOSAR パッケージをダウンロードしている場合は、AUTOSAR ターゲット用のコードを生成できます。モデル エディター ウィンドウで、Ctrl+B キーを押します。