Main Content

トランスポート層

説明

通信のトランスポート プロトコルを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: tcpip

tcpip

TCP/IP トランスポート機能を使用します。このパラメーターを選択すると [MEX ファイル名] パラメーターが ext_comm に設定されます。

serial

シリアル トランスポート機能を利用します。このパラメーターを選択すると [MEX ファイル名] パラメーターが ext_serial_win32_comm に設定されます。

XCP on TCP/IP

TCP/IP トランスポート層で XCP プロトコルを使用します。このパラメーターを選択すると [MEX ファイル名] パラメーターが ext_xcp に設定されます。

XCP on Serial

シリアル トランスポート層で XCP プロトコルを使用します。このパラメーターを選択すると [MEX ファイル名] パラメーターが ext_xcp に設定されます。

customTransportLayer

カスタム トランスポート層を使用します。

ヒント

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[MEX ファイル名] パラメーターが [トランスポート層] の横に表示されます。[MEX ファイル名] の値は編集できません。値は、MathWorks® によって提供されたターゲットの場合は matlabroot/toolbox/simulink/simulink/extmode_transports.m で指定され、カスタム ターゲットとトランスポート機能の場合は sl_customization.m ファイルで指定されます。

コマンド ライン パラメーターはインデックスです。トランスポート層のインデックスを取得するには、以下のコマンドを使用します。

cs = getActiveConfigSet(modelName);
index = Simulink.ExtMode.Transports.getExtModeTransportIndex(cs, transportLayer);
transportLayer は次のいずれかの値です。

  • 'tcpip'

  • 'serial'

  • 'XCP on TCP/IP'

  • 'XCP on Serial'

  • customTransportLayer

トランスポート層を選択するには、次のようにします。

set_param(cs, 'ExtModeTransport', index)

トランスポート層を決定するには、次のようにします。

transportLayerName = Simulink.ExtMode.Transports.getExtModeTransport(cs, index)

依存関係

[エクスターナル モード] パラメーターを選択するとこのパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeTransport
タイプ: 整数
値: ヒントを参照
既定の設定: 0

推奨設定

アプリケーション影響なし
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック