Main Content

write

クラス: target.DebugIOTool
パッケージ: target

メモリ内の変数にバイト ストリームを書き込む

構文

errFlag = myDebugIOTool.write(byteStream, variable)

説明

errFlag = myDebugIOTool.write(byteStream, variable) は、デバッガーを使用してメモリ内の変数に指定したバイト ストリームを書き込みます。このメソッドはエラー フラグを返します。

入力引数

すべて展開する

メモリに書き込むバイト ストリーム。

例: ef = myDebugIOTool.write('myByteStream', myVariable)

書き込み先となるメモリ内の変数。

例: ef = myDebugIOTool.write('myByteStream', myVariable)

データ型: uint64

出力引数

すべて展開する

書き込み操作の結果:

  • true –– 書き込み操作中にエラーが発生しました。

  • false –– 書き込み操作が完了しました。

バージョン履歴

R2021a で導入