Main Content

target.DebugIOTool クラス

パッケージ: target

バイト ストリームの I/O ツールのサービス インターフェイスをデバッグする

説明

デバッガーを使用してターゲット ハードウェアでアプリケーションを開始および追跡するツールのサービス インターフェイスを提供するには、target.DebugIOTool クラスから派生するサブクラスを定義します。このツールは、デバッガーによる実行中のアプリケーションの操作を制御し、デバッガーを使用してメモリに対する読み取りおよび書き込みを実行します。この target.DebugIOTool クラスは target.ExecutionTool から継承されます。

プロパティ

すべて展開する

デバッガーで設定する必要があるアプリケーション ブレークポイント。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メソッド

すべて展開する

デバッガーを使用した PIL ターゲット接続性

target.DebugIOTool クラスを使用する例については、Use Debugger for PIL Target Connectivity (Embedded Coder)を参照してください。

バージョン履歴

R2021a で導入

参考

| (Embedded Coder)

トピック