Main Content

target.Breakpoint クラス

パッケージ: target

デバッガーに関するブレークポイントの詳細を提供する

説明

target.Breakpoint クラスを使用して、デバッガーに関するブレークポイントの詳細を提供します。

target.Breakpoint オブジェクトを作成するには、関数 target.create を使用します。

プロパティ

すべて展開する

ブレークポイントを含む関数。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ブレークポイントを含むファイルへのパス。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

ブレークポイントの行番号。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: int32

デバッガーを使用した PIL ターゲット接続性

target.Breakpoint クラスを使用する例については、Use Debugger for PIL Target Connectivity (Embedded Coder)を参照してください。

バージョン履歴

R2021a で導入