Main Content

MEX ファイルの引数

説明

実行中のターゲットと通信するために、エクスターナル モードのインターフェイス MEX ファイルに渡す引数を指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: ''

TCP/IP トランスポート層との XCP 通信の場合、4 つのオプション引数があります。

  • ターゲット プロセッサのネットワーク名 –– たとえば、ターゲット プロセスが開発コンピューターの場合は 'localhost' または IP アドレス '148.27.151.12'

  • 詳細レベル –– 情報がない場合は 0、データ転送中に詳細情報を表示する場合は 1

  • TCP/IP サーバーのポート番号 –– 25665535 の間の整数値。既定値は 17725。選択したポートをターゲット ハードウェア上で実行する別の TCP/IP サービスで使用してはなりません。

  • ファイル名の記号 –– ファイル形式は Windows® の場合は PDB、Linux® の場合は ELF。

シリアル トランスポート層との XCP 通信の場合、4 つのオプション引数があります。

  • 詳細レベル –– 情報がない場合は 0、詳細な情報がある場合は 1

  • シリアル ポート ID –– Windows の場合、'COM1' または COM1 に対する 1、'COM2' または COM2 に対する 2 など。Linux では、'/dev/ttyS0' など。

  • ボー –– 120024004800960014400192003840057600 (既定値) または 115200

  • ファイル名の記号 –– ファイル形式は Windows の場合は PDB、Linux の場合は ELF。

TCP/IP インターフェイスでは、ext_comm で次の 3 つのオプションの引数を使用できます。

  • ターゲット プロセッサのネットワーク名 –– たとえば、'myComputer' または '148.27.151.12'

  • 詳細レベル –– 情報がない場合は 0、データ転送中に詳細情報を表示する場合は 1

  • TCP/IP サーバーのポート番号 –– 25665535 の間の整数値。既定値は 17725。選択したポートをターゲット ハードウェア上で実行する別の TCP/IP サービスで使用してはなりません。

シリアル トランスポートでは、ext_serial_win32_comm で次の 3 つのオプションの引数を使用できます。

  • 詳細レベル –– 情報がない場合は 0、詳細な情報がある場合は 1

  • シリアル ポート ID –– COM1 に対する 1 など。

  • ボー –– 120024004800960014400192003840057600 (既定値) または 115200

リストの順序で引数を指定します。たとえば、詳細レベル (2 番目の引数) を指定する場合、ターゲット プロセッサのネットワーク名 (最初の引数) も指定しなければなりません。空白またはコンマを引数の区切り記号として使用できます。

'148.27.151.12' 1 30000

依存関係

[エクスターナル モード] パラメーターを選択するとこのパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: ExtModeMexArgs
型: 文字ベクトル
値: 有効な引数
既定の設定: ''

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック