Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

最大語長

説明

コード生成プロセスがシステム定義のマルチワードの型定義を生成する対象の最大語長を、ビット単位で指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: ERT ターゲットの場合 256、GRT ターゲットの場合 2048

コード生成プロセスがマルチワードの型定義を multiword_types.h ファイルに生成する対象の最大語長を、ビット単位で指定します。指定したビット数までのすべてのマルチワードの型定義が生成されます。0 を選択すると、マルチワードの型定義は multiword_types.h ファイル内に生成されません。

マルチワードの型の最大語長は、生成される型定義のみを決定し、生成されるコードの効率性には影響しません。マルチワードの型の最大語長が 0 に設定されているか、あるいは短すぎる場合は、生成されたコードのコンパイル時にエラーが発生します。このエラーは、必要な型定義をもたない型を使用している生成コードによって引き起こされます。エラーを解決するには、最大語長を増やしてコードを再生成します。マルチワードの型の最大語長が必要な値より大きい場合は、multiword_types.h に未使用の型定義が含まれることがあります。未使用の型定義はターゲット リソースを消費しません。

ヒント

  • モデルをモデル階層に追加するか、階層内の既存のモデルを変更すると、コードの生成時に共有 multiword_types.h ファイルが更新されることがあります。こうした更新は、新しいモデルが他のモデルより長いマルチワードの型を使用している場合に発生します。このときは再コンパイルが必要となり、開発プロセスによっては、以前に生成されたコードを再確認しなければなりません。multiword_types.h の更新を回避するには、階層内のすべてのモデルのニーズに対応した十分な長さの最大語長を決定します。階層内の各モデルを、同じ最大語長を使用するように設定します。

  • 大半の組み込み設計ではマルチワードの型は必要ありません。マルチワードの型の最大語長を 0 に設定することで、ターゲット上でのマルチワード変数の使用を回避できます。最大語長が 0 または必要な長さより短いマルチワード変数を使用すると、生成されたコードのコンパイル時にエラーによる警告が発せられます。

依存関係

  • このパラメーターには、コード生成時に Embedded Coder® のライセンスが必要です。

  • [マルチワード タイプの定義] パラメーターに [ユーザー定義] 値を選択すると、このパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MultiwordLength
タイプ: 整数
値: ワード サイズを表す有効なビット数
既定の設定: ERT ターゲットの場合 256、GRT ターゲットの場合 2048

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策

推奨なし

関連するトピック