Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Generated S-Function

モデルまたはサブシステムを生成された S-Function コードとして表す

  • ライブラリ:
  • Simulink Coder / S-Function Target

  • Generated S-Function block

説明

Generated S-Function ブロックのインスタンスは、モデルまたはサブシステムの S-Function システム ターゲット ファイルからコード ジェネレーターが生成したコードを表します。たとえば、モデルからサブシステムを抽出し、S-Function ターゲットを使用してそこから Generated S-Function ブロックをビルドします。このメカニズムは以下の場合に役立ちます。

  • モデルとサブシステムをアプリケーション コンポーネントに変換する。

  • モデルとサブシステムを再利用する。

  • シミュレーションを最適化する。多くの場合、S-Function は元のモデルより効率的にシミュレーションを行います。

サブシステムから Generated S-Function ブロックを作成する方法の詳細については、サブシステムから S-Function ブロックを生成を参照してください。

要件

  • S-Function ブロックは生成元のモデルまたはサブシステムと同じ動作をしなければなりません。

  • ブロックを作成する前に信号幅やサンプル時間などの Inport ブロック信号属性を明示的に指定します。このルールに対する唯一の例外はサンプル時間に関するもので、生成された S-Function でのサンプル時間の伝播で説明されています。

  • Generated S-Function ブロックのソルバー パラメーターは、元のモデルまたはサブシステムのパラメーターと同じになるように設定します。生成された S-Function コードは元のサブシステムと同じ動作をします (このルールの例外については、ソルバー タイプの選択を参照してください)。

端子

入力

すべて展開する

要件を参照してください。

出力引数

すべて展開する

要件を参照してください。

パラメーター

すべて展開する

生成された S-Function の名前。コード ジェネレーターはブロックの生成元であるモデルまたはサブシステムの名前に _sf を追加して名前を作成します。

選択すると S-Function に対して生成されたモジュールが表示されます。

バージョン履歴

R2011b で導入