Main Content

クラシック コール インターフェイス

説明

R2012a より前に作成されたモデルの GRT ターゲットのメイン プログラム モジュールと互換性をもつモデル関数呼び出しを生成するかどうかを指定します。

カテゴリ: [コード生成]、[インターフェイス]

設定

既定の設定: オフ (ただし、R2012a より前に作成された GRT モデルではオン)

オン

R2012a より前に作成されたモデルの GRT システム ターゲット ファイル (grt_main.c または grt_main.cpp) のメイン プログラム モジュールと互換性があるモデル関数呼び出しを生成します。

このオプションにより、R2012a より前の grt_main.c または grt_main.cpp に基づくメインのプログラム モジュールをもつ GRT ベースのカスタムのターゲットを使用して、現在のリリースに生成されたコードをすばやく使用することができます。

オフ

クラシック コール インターフェイスを無効にします。

ヒント

以下はサポートされていません。

  • データ型置き換え

  • [再利用可能な関数] または [C++ クラス] に設定された [コード インターフェイスのパッケージ化]

  • 非バーチャル サブシステム オプション [別々のデータをもつ関数]

依存関係

  • [コード インターフェイスのパッケージ化][C++ クラス] に設定すると、このオプションは無効になります。

  • このオプションを選択すると、互換性のないオプション [1 つの出力/更新関数] が無効になります。このオプションの選択を解除すると、(選択されていなくても) [1 つの出力/更新関数] が有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: GRTInterface
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off' (ただし、R2012a より前に作成された GRT モデルでは 'on')

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティオフ
効率性オフ (実行、ROM)、影響なし (RAM)
安全対策

推奨なし

関連するトピック