Main Content

addHTML

クラス: mlreportgen.dom.Document
パッケージ: mlreportgen.dom

ドキュメントへの HTML 文字列の追加

構文

htmlObjOut = addHTML(documentObj,htmlText)

説明

htmlObjOut = addHTML(documentObj,htmlText) は、HTML テキストの文字列を DOM オブジェクトのグループに変換し、Document オブジェクト documentObj にそのグループを追加します。

入力引数

すべて展開する

コンテンツを追加するドキュメント オブジェクト。mlreportgen.dom.Document オブジェクトとして指定します。

HTML テキスト。文字ベクトルとして指定します。

例: '<p><b>Hello</b> <i style="color:green">World</i></p>'

出力引数

すべて展開する

コンテンツが追加された HTML オブジェクト。mlreportgen.dom.HTML オブジェクトとして返されます。

すべて展開する

HTML テキストから HTML オブジェクトを作成して、Microsoft® Word レポートに使用します。

import mlreportgen.dom.*;
rpt = Document('HTMLToWordReport','docx');     
htmlObj = addHTML(rpt,...
    '<p><b>Hello</b> <i style="color:green">World</i></p>');

Word レポートを生成します。

close(rpt);
rptview(rpt.OutputPath);

ヒント

  • MATLAB® Report Generator™mlreportgen.dom.HTML オブジェクトや mlreportgen.dom.HTMLFile オブジェクトは、通常、サードパーティ アプリケーション (Microsoft Word など) が出力した生の HTML を受け入れることができません。これらのアプリケーションは、ネイティブなドキュメントを HTML マークアップとしてエクスポートします。そのような場合、レポート API のレポート生成プログラムで関数 mlreportgen.utils.html2dom.prepHTMLString および mlreportgen.utils.html2dom.prepHTMLFile を使用して、mlreportgen.dom.HTML オブジェクトまたは mlreportgen.dom.HTMLFile オブジェクトで使用する生の HTML を準備できます。通常は、その準備された HTML をプログラムでさらに処理して、改行など、構文上の問題がなく、未加工のコンテンツから変換されなかった不要なオブジェクトを削除する必要があります。

  • 既定では、DOM API は、12 ポイントの基底フォント サイズを使用して、em 単位を実際のフォント サイズに変換します。たとえば、2em と指定されたフォント サイズは、24 ポイントに変換されます。異なる基底フォント サイズを指定するには、mlreportgen.dom.HTML オブジェクトを使用して、レポートにコンテンツを追加します。オブジェクトの EMBaseFontSize プロパティを基底フォント サイズに設定します。たとえば、EMBaseFontSize プロパティを 14 に設定した場合、2em のフォント サイズは 28 ポイントになります。

バージョン履歴

R2015a で導入