最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

For Loop

子コンポーネントの反復実行

説明

このコンポーネントは、MATLAB®for ループのように機能しますが、ステートメントを実行する代わりに子コンポーネントを実行する点が異なります。実行するコンポーネントを少なくとも 1 つ含めなければなりません。

ループ タイプ

ループ タイプは、インクリメントしたインデックスまたはインデックスのベクトルをもつことができます。for ループとインデックスの詳細については、MATLAB ドキュメンテーションの for を参照してください。

  • インクリメントしたインデックス: 次の形式の for ループを実行します。

    for varname=x:y:z

    • 開始: 前の式の x に対応します。

    • 拡大: 前の式の y に対応します。

    • 終了: 前の式の z に対応します。

  • インデックスのベクトル: 次の形式の for ループを実行します。

    for varname=[a b c ...]
    [ベクトル] フィールドで適切な値を a b c ... の形式で指定します。

ワークスペース変数

  • ベース ワークスペース内のインデックス値を表示: 他のコンポーネントの実行中にループ インデックスを MATLAB ワークスペースに表示します。

  • 変数名: 変数名を指定できます。既定値は RPTGEN_LOOP です。

  • 完了時にワークスペースから変数を削除: MATLAB ワークスペースからループ インデックスを削除します。このオプションは、[ベース ワークスペース内のインデックス値を表示] オプションが選択されている場合のみ使用可能です。

レポートへの挿入

なし。

クラス

rptgen_lo.clo_for