最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

カスタム コンポーネントの作成

メモ

レポート エクスプローラー アプリを使用して新しいレポートを作成しないでください。この情報は、既存のレポートを維持する目的にのみ提供されています。新しい Report Generator を作成するには、レポート API および DOM API を使用します。レポート プログラムの作成を参照してください。

提供されている MATLAB® Report Generator™ コンポーネントでは利用できない機能によってレポートを作成する場合、カスタム コンポーネントを作成できます。カスタム コンポーネントは、単一のコンポーネントを使用してレポート内に複雑なコンテンツを生成するのに役立ちます。たとえば、テーブルを作成して、プログラムした条件に基づいてそのテーブルにコンテンツを挿入するカスタム コンポーネントを作成できます。

カスタム コンポーネントの作成プロセスを完了したら、そのコンポーネントは他のコンポーネントと同じようにレポート設定ファイルで使用できます。

  1. レポート エクスプローラーを開きます。

  2. [ツール] メニューから、コンポーネント作成の選択肢の 1 つを選択します。

    • カスタム コンポーネントを作成するには、[コンポーネントの作成] を選択する。

    • 既存のコンポーネントからカスタム コンポーネントを作成するには、[既存のコンポーネントから作成] を選択する。

    • 既存の Version 1 コンポーネントからカスタム コンポーネントを作成するには、[V1 からコンポーネントを作成] を選択する。

    ヒント

    また、レポート エクスプローラーの右側のプロパティ ペインで、[ユーザー定義の新規レポート コンポーネントを作成] リンクをクリックした場合も、カスタム コンポーネントを作成できます。

    レポート エクスプローラーは次のように表示されます。

    • 左側のアウトライン ペインは作成したコンポーネントの構造を表示する。

    • 中央のオプション ペインはコンポーネントに追加するプロパティのリストを表示する。

    • 右側のプロパティ ペインはコンポーネントのプロパティの動作を指定する。

  3. レポート エクスプローラーのプロパティ ペインで、コンポーネントのプロパティを指定します。

  4. コンポーネントのフレームワークを構成する MATLAB ファイルを編集して、コンポーネントが実行するタスクを指定します。

  5. コンポーネントをビルドします。

メモ

新しいコンポーネントまたはリビルドしたコンポーネントを使用する前に、MATLAB セッションを再起動しなければなりません。

関連するトピック