Main Content

Visual Studio Code で Polyspace as You Code の結果をベースラインとして設定する

バグの修正を効率化するには、Polyspace® as You Code の解析実行をベースラインとして使用して、以降の解析実行をそのベースラインと比較します。このように比較することにより、新しい結果だけに注目したり、レビューされていない結果に注目したりできます。Polyspace as You Code の単一ファイルの解析結果は、次に対して比較できます。

  • Polyspace as You Code で実行した単一ファイルの解析を使用して作成したローカル ベースライン。

  • Polyspace Access™ からダウンロードした、Polyspace Bug Finder™ Server™ のこれまでの結果を使用して作成した統合ベースライン。

メモ

常に最新の統合ベースライン情報を使用するために、PolyspaceAccess から結果をダウンロードするコマンドを定期的に実行してください。手順 3: ベースラインのダウンロードを参照してください。

ベースライン結果の使用について

Polyspace as You Code の結果をローカル ベースラインまたは統合ベースラインに対して比較する場合、次のようなメリットがあります。

  • 既定では、ローカル ベースラインと比較して新しい結果のみが表示されます。

    ベースライン フィルターを切り替えてすべての結果を表示すると、[PROBLEMS] パネルで結果の横に [baseline] という単語が表示されます。

  • 統合ベースラインのみ

    • Polyspace Access で既に正当化されている、[ステータス][アクションの予定なし][正当化済み]、または [欠陥ではない] の結果は表示されなくなります。

    • Polyspace Access でまだ正当化されていない [ステータス] の結果については、すべてのレビュー情報が [結果の詳細] ビューに引き継がれます。

      たとえば、欠陥がレビューされ、[ステータス] として [調査予定][重大度] として [中] が割り当てられている場合、[結果の詳細] ビューの Comment from baseline セクションに同じレビュー情報が表示されます。

    • Polyspace as You Code の結果が統合ベースラインにも表示される場合は、Polyspace Access インターフェイスでベースラインとして使用するプロジェクトを開くことができます。[ベースライン] ビューの Open basline in Access UI をクリックします。追加の Polyspace ビューを開くを参照してください。

      PolyspaceAccess でプロジェクトを開く別の方法は、[CommandPalette] から [Polyspace: Access Web でプロジェクトを開く] を実行する方法です。

ローカル ベースラインと統合ベースラインの両方を使用する場合、Polyspace は最初に統合ベースラインに対して現在の結果を比較しますが、新しい結果に絞り込むには、ローカル ベースラインを使用します。

ローカル ベースラインの構成

ローカル ベースラインを作成するには、[EXPLORER] ビューまたはエディターでファイルを右クリックし、[ローカル ベースラインの作成] を選択します。[品質監視] ビューで save button をクリックすることでも、ローカル ベースラインを作成できます。

ファイル filename のローカル ベースラインを作成すると、Polyspace がそのファイルを解析し、その解析結果をベースラインとして使用します。それ以降は filename の解析を行うたびに、結果がベースラインに対して比較されます。

追加の Polyspace ビューを開くも参照してください。

統合ベースラインの構成

Polyspace Bug Finder Server の結果を Polyspace as You Code 解析のベースラインとして使用するには、次の手順に従います。ベースラインのダウンロードが完了し、ベースラインをポイントすることを選択すると、以降の実行では (ファイルの保存時の実行またはオンデマンドの実行のいずれでも) 常にこのベースラインが使用されます。

手順 1: ベースラインとして使用するプロジェクトの特定

最初に、ベースラインとして使用するプロジェクトを Polyspace Access で特定します。このプロジェクトには、Polyspace as You Code で解析するファイルに対する Polyspace Bug Finder Server 解析の結果が含まれていなければなりません。

Visual Studio Code 拡張機能設定で、使用するプロジェクトのパスをコピーします。このパスをコピーするには、次のようにします。

  1. Web ブラウザーで Polyspace Access Web インターフェイスを開きます。

  2. [プロジェクト エクスプローラー] ペインでプロジェクトを右クリックし、[プロジェクト パスをクリップボードにコピー] を選択します。

Right-click option to copy project path

手順 2: Polyspace as You Code からのプロジェクトの参照

次に、Visual Studio Code で Polyspace as You Code 拡張機能設定から Polyspace Access プロジェクトを参照します。

  1. 拡張機能設定を開きます。

    ベースライン設定を開くには、Ctrl + , (コンマ) を押して設定の検索バーに polyspace.baseline と入力します。

  2. [User] タブで次の設定を指定します。

    • Baseline: Polyspace Access Login: Polyspace Access へのログインに使用するユーザー名です。

    • Baseline: Polyspace Access Url: Polyspace Access をホストしているサーバーの URL です。たとえば、https://my-access-url:9443/ のような場合です。

    Polyspace as You Code extension settings for getting baseline

  3. [Workspace] タブで次の設定を指定します。

    • Baseline: Project: ベースラインとして使用する Polyspace Access のプロジェクトのパスです。このパスは、Polyspace Access Web インターフェイスから既にコピーしています。

手順 3: ベースラインのダウンロード

ベースラインとして使用する Polyspace Access の結果を明示的にダウンロードします。

  1. [ベースライン] ビューで Download baseline をクリックするか、またはコマンド パレットを開き (Ctrl + Shift + P)、[Polyspace: ベースラインのダウンロード] を選択します。

  2. Polyspace Access へのログインに使用するパスワードを入力します。ベースラインのダウンロードが開始されます。

[ベースライン] ビューでダウンロードの進行状況を確認できます。追加の Polyspace ビューを開くを参照してください。

ダウンロードが完了したら、以降の実行でそのベースラインが使用されます。ベースラインの使用を無効にするには、[ローカルの調査結果のみを表示][Baseline: Show Baseline Information] ドロップ ダウン メニューから選択します。

関連するトピック