Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MOSFET サブサーキットの SPICE 変換と検証

この例では、金属酸化物半導体電界効果トランジスタ (MOSFET) サブサーキットを等価の Simscape™ コンポーネントに変換し、いくつかの標準的な MOSFET の特性 (すなわち Id 対 Vgs、Id 対 Vds、Qiss/ゲート電荷、Qoss/出力電荷、およびブレークダウン電圧) に関して SPICE と Simscape のプロットを比較する方法を説明します。関数 subcircuit2ssc は、SPICE ネットリスト ファイル内のすべてのサブサーキット コンポーネントを、1 つ以上の等価の Simscape ファイルに変換します。

MOSFET サブサーキットを開く

この例では、この MOSFET サブサーキットを Simscape コンポーネントに変換します。SPICE ネットリストを開くには、MATLAB コマンド ウィンドウに「edit IAUC100N04S6L014.cir」と入力します。

次のコマンドを実行して IAUC100N04S6L014.cir モデルの SPICE サブサーキットを Simscape コンポーネントに変換し、生成されるファイルを +myMOSFET という新しく作成されたディレクトリに配置します。

変換後の MOSFET モデルを開く

+myMOSFET ディレクトリに保存されている iauc100n04s6l014.ssc ファイルは、変換後の Simscape コンポーネントであり、変更された SPICE ネットリストに対して関数 subcircuit2ssc を実行して取得したものです。関数 subcircuit2ssc は、SPICE サブサーキットに実装されているすべての関数も変換しています。生成された Simscape コンポーネントを編集するには、MATLAB コマンド ウィンドウに「edit +myMOSFET/iauc100n04s6l014.ssc」と入力します。

関数 subcircuit2ssc はこの特定のサブサーキットをすべてインポートし、以降の手動のステップは不要です。しかし、この例では、シミュレーション結果をより簡単に確認するために、ゲート電流、ドレイン電流およびソース電流にアクセスできます。simlog のゲート電流、ドレイン電流およびソース電流にアクセスするには、生成される simscape コンポーネントに内部ノード drainInternal、gateInternal および sourceInternal、また変数を介して対応する idrain、igate および isource を追加します。次に、iauc100n04s6l014_updated.ssc という名前の新しいファイルに変更を保存し、そのファイルを引数として MATLAB 関数 ee_convertedMosfetValidation に渡します。

iauc100n04s6l014_wrapped.ssc という名前のファイルを作成します。このファイルは、モデル ee_MOSFET_subckt 内の Simscape コンポーネント ブロックのコンポーネント ファイルです。

シミュレーション結果の検証

ee_MOSFET_subckt_results スクリプトは関数 ee_convertedMosfetValidation を呼び出して、いくつかの標準的な特性 (Id 対 Vgs、Id 対 Vds、Qiss/ゲート電荷、Qoss/出力電荷、ブレークダウン電圧など) を生成します。

これらの特性をさまざまな設定でプロットするには、Define Conditions というラベルの付いたブロックをダブルクリックして、パラメーターを定義します。モデル内でシミュレーションを実行して結果をプロットするには、[check results] をクリックします。

クリーン アップ

最後に、一時ディレクトリおよびそのサブディレクトリをすべて削除します。