ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

三相風力タービン非同期発電機

この例では、風力タービン発電機としての誘導機の使用を示します。Simple Turbine ブロックは、単純な出力電力に対する風速特性によって、風速をタービン出力電力に変換します。

風速がカットイン速度を下回るかカットアウト速度を上回る場合、発電される有効電力はゼロになります。発電機は常に無効電力を消費します。Reactive Compensation ブロックは、発電機の無効電力の要件をオフセットします。

ローカル負荷は 75 kW を消費します。電力網からの送り込みは、風力タービンの発電量不足に対応します。発電機の発電量が 75 kW を超える場合、余剰電力が電力網に送られます。