Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

三相風力タービン非同期発電機

この例では、風力タービン発電機としての誘導機の使用を示します。Simple Turbine ブロックは、単純な出力電力に対する風速特性によって、風速をタービン出力電力に変換します。

風速がカットイン速度を下回るかカットアウト速度を上回る場合、発電される有効電力はゼロになります。発電機は常に無効電力を消費します。Reactive Compensation ブロックは、発電機の無効電力の要件をオフセットします。

ローカル負荷は 75 kW を消費します。電力網からの送り込みは、風力タービンの発電量不足に対応します。発電機の発電量が 75 kW を超える場合、余剰電力が電力網に送られます。

無効電力補償器は、440 V の相間電圧が端子間に印加されたときに 90 kvar を供給するように設定されます。

モデル

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、Simple turbine ブロックの入力風速と出力電力を示しています。

Warning: The file containing block diagram 'ee_asm_generator' is shadowed by a
file of the same name higher on the MATLAB path. This can cause unexpected
behavior. For more information see <a href="matlab:helpview([docroot
'/toolbox/simulink/helptargets.map'], 'shadowing')">"Avoiding Problems with
Shadowed Files"</a> in the Simulink documentation.

The file containing the block diagram is:
/mathworks/devel/bat/BR2020ad/build/matlab/toolbox/physmod/elec/eedemos/applications/renewables/ee_asm_generator.slx.
The file higher on the MATLAB path is:
/mathworks/devel/bat/BR2020ad/build/matlab/toolbox/physmod/elec/eedemos/applications/renewables/html/ee_asm_generator.m