最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

LC 伝送線路とテスト ブリッジ

このモデルは、伝送線路モデルと双方向テスト ブリッジを示します。テスト方向が変化すると、反映および伝送される信号は微妙に異なります。これは、線路モデルが対称ではないためです。この種のモデルは、ケーブル選択が伝送特性に与える影響を調べるためと、さまざまな伝送線路モデルの構造とパラメーター化の相対的な忠実度を比較するための両方に使用できます。

このモデルを使用して、システムの周波数応答を取得できます。MATLAB® コマンド linmod を使用して、モデルを線形化できます。Simulink® Control Design™ をお持ちの場合は、モデル ee_transmission_line_lc を開きます。線形解析ツールを開くには、[アプリ] タブの [制御システム] で、[モデル線形化器] をクリックします。

モデル

Bridge A サブシステム

5 セグメント (S2 サブシステム)

Simscape ログからのシミュレーション結果

以下のプロットは、A から B と B から A への伝送テストにおける、ソース信号、伝送された信号、および反映された信号を示しています。伝送線路が非対称なので、反映された信号には違いがみられます。

周波数応答